【胃がん】の発覚から 術後1年 までの経緯 - こうして私は克服しました | プロローグ

By




スポンサードリンク


ここでは、自己紹介を兼ねて

『術後1年目』

に別の場所で書いたノートを

一部転載したいと思います。

無題 

突然ガンの告知をされ、どうすれば良いか分からない方も多いと思いますが、

少しでもご参考にして頂ければと思います。



術後1年


皆様のご厚情・ご協力に支えられ、おかげさまで、4月5日をもちましてとりあえず術後1年を迎える事となります。

国民の2人に1人がなるといわれる癌について、経験者として簡単に経過をのこしておこうと思います。

何かの時にご参考として下さい(^_^;)

◆ガン告知

おととしの年末、飲み会でテキーラを20数杯一気飲みした所、血らしきものを吐いた気がした。

元々普段から何となく貧血気味で調子が悪かったが、ここ数年仕事が忙しく、毎日の睡眠時間が平均3時間位だったので、疲労と睡眠不足のせいかと思っていた。

そこで、たまにはいい機会と思い、自宅近所のクリニックへ15年ぶり位で診察に行ったのが事の始まりだった。

内視鏡検査というものを生まれて初めて行った結果、胃潰瘍らしきもの以外に、ヒダが集中している部分があるので、念のためという事で近くの大学病院の紹介状を書いてもらい、再度検査を行った。

その大学病院で再び内視鏡検査を行っている時、検査医が何だかため息を漏らしたのが聞こえた。

この記事は限定公開にしたいので有料(ブロマガ)にしていて申し訳ないのですが。



noteでも公開しています。


購読料は、ブログ執筆のための商品購入などになります。


続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


Share

スポンサードリンク