清算型遺贈と登記

ホーム>>ニュース・芸能・話題>清算型遺贈と登記


清算型遺贈と登記/遺言執行者を当事者とする登記の依頼が

最近、仕事で気になったことを一つ。


不動産の売買契約の売主に、当事者として「遺言執行者」が登場してきました。


ん!? 何かおかしいゾ??


何か変な書類を見かけると、ひと睨みで違和感を感じます。


年に数万件ほど、たくさんの登記に携わってきた身としての、長年培った「経験のカン」というやつですネ。


「売買契約に遺言執行者が登場してくるケースとしては清算型遺贈のパターンしかありえないはず。


しかし、清算型遺贈の場合は、確か遺言執行者ではなく法定相続人が当事者になるのでは?」と、記憶してる知識が一瞬で頭の中を通り抜けていきます。


「清算型遺贈」の具体的なイメージは、下記の図をご参照下さい。


20130908060559a82_20140410022814db2s.jpg


つまり、我々としては、遺言執行者が登記に関わるケースとしては「包括遺贈」なり「特定遺贈」なり「遺贈」を登記原因とする所有権移転登記においてのみ、と勉強してきたもので、「清算型遺贈」の場合は、相続登記→売買による所有権移転登記となり、「遺贈」の登記が登場する余地がないため、売買契約書の売主として、当事者の記載が亡○○○○相続人○○○○でなく、遺言執行者弁護士○○○○となっていることに違和感を感じるわけです。


「15年以上の経験で、清算型遺贈に関わったのはほんの2件ほど。


ましてや、当事者として遺言執行者が登場したのは初めて。もしかして、制度が変わり、遺言執行者の権限が増大したのか??


気になったので、不動産に強いウチの顧問弁護士に聞いてみました。



遺言執行者の「職務権限」と「相続登記」のポイント

「清算型遺言執行は、実務的に難しい分野ですね。

多数の司法書士の先生方が頭を悩めている問題です」( ̄▽ ̄;)


ふ~ん…。あまり詳しくないのね(^_^;)


仕方ないので、色々自分で調べることに。


清算型遺言執行に関する先例
「遺言執行者は不動産を売却してその代金中より負債を支払い残額を受遺者に分配する」とある遺言状に基づき、遺言執行者が不動産を売却して買主名義に所有権移転の登記を申請する場合にはその前提として相続による所有権移転の登記を要する。
遺言執行者の資格を証する書面として提出された遺言証書の遺言執行者の表示に住所の記載がなくても、あらためて遺言執行者の選任をする必要はない。
(昭和45年10月5日付民事甲第4160号民事局長回答)

清算型遺言執行に関する先例はこれだけ...


結局、グレーゾーンと思われる部分が結構多い「未開拓の分野」なのですね(汗)


あとは、顧問弁護士に色々と調べてもらったり、管轄の法務局と打ち合わせをして、下記の通りに結論付けました。


遺言執行者の職務権限について
遺言執行者は、清算型遺贈においても「亡○○○○遺言執行者○○○○として売買契約の当事者となり得る」

遺言執行者は、相続人の代理人とみなす
(民法1015条)。
しかし、遺言執行者の職務権限は包括的
なもの (民法1012条1項)。
よって、遺言執行者は相続人の代理人で
あるにもかかわらず、遺言に関し、自己
の名において原告又は被告となることが
出来る(法定訴訟担当。最判51.7.19)。
そのため、亡○○○○遺言執行者○○○○ と
いう肩書で、遺言の執行に関して包括的
な法律行為が行える。
したがって、相続人の代理人という肩書
ではなく、
あくまで亡○○○○遺言執行者○○○○という
肩書で、法律行為を行える。
ex.預金の解約を
 「亡○○○○遺言執行者○○○○」として
 行うのと同様、という考え。

相続登記のポイント
登記識別情報が、登記名義人たる法定相続人全員に通知される。

→遺言執行者は、相続人の法定代理人
 (民法1015条)。

  cf.代位による相続登記

→これにより、売買による所有権移転
 登記に支障がない
 (識別情報が通知されるから)。

→連件申請による必要もない(相続人
 全員に通知されるから)。
司法書士への登記の委任状は、遺言執行者からのみで足りる(+遺言書、死亡を証する書面)。

→遺言執行者は、相続人の法定代理人
 (民法1015条)。

法定相続人の関与が必要となる場合があるので要注意!
→廃棄処分等により、被相続人の除籍
 謄本につき、生殖能力がある時全て
 の取得が不能な場合。

 法定相続人全員からの
 「相続人が他にないことの証明書」
 および印鑑証明
が必要となってしまう

上記の手続きをもっとお知りになりたい方は

全訂第二版 相続における戸籍の見方と登記手続
司法書士・行政書士等、実務家必携のバイブル。

 商品情報  https://www.kajo.co.jp/book/40039000005.html#link_information

売買による所有権移転登記のポイント
司法書士への登記の委任状は、
遺言執行者からのみで足りる
(+遺言書、死亡を証する書面)。


→遺言執行者は、相続人の法定代理人
 (民法1015条)。

したがって、報告型の登記原因証明情報を作成する際にも、問題となる点はなし。
 

これで、すっきりしたのですが、あれこれ考えているうちに、「清算型遺言執行における登記手続の問題点」に気付きました...


上記一連の流れをみても明らかなように、法定相続人が全く関与することなく、不知の間に(または内緒で)、相続→売却の登記手続が行えてしまう、ということです。


これによって、遺留分減殺請求の機会すら、与えられない場合があり得るということも・・・((((;゚Д゚))))


通常、相続人の地位は、何人たりとも奪うことの出来ない権利として保障されておりますので、例えば「子」が相続人の場合、父親・母親に前婚の時の子がいたりするとすべての「子」が平等に法定相続人となります。


仮に、前婚の子が被相続人たる親と何十年連絡を取り合っていなくとも、「相続人」ですので、後婚の子は「遺産分割協議書」によって前婚の子から印鑑証明書付の署名・捺印(実印)をもらわない限り、勝手に遺産の処分は出来ないわけです。


また、親と喧嘩して家を飛び出し、何十年も行方が分からない「子」がいたらどうでしょうか?


これも、不在者財産管理人を選任して遺産分割をするか、失踪宣告しない限り、他の相続人が勝手に遺産を処分出来ないようなシステムになっているわけです。


ところが、この「清算型遺言執行」の制度により、これらのチェック機能が崩されてしまう危険性がないでしょうか?


具体的な例としては、後婚の子が親を上手くそそのかして、前婚の子に相続させないように「遺言公正証書」を作成させるよう
な場合です。


考えればキリがありませんが、他にも色々なパターンが起こり得ますよね…。


今回私が関わった案件もそうなのですが、売買契約後、除籍謄本が廃棄処分によって足りないため、相続人全員からの、「他に相続人がないことの証明書」が必要だということが判明しました。


理由としては、弁護士が一部の戸籍しか取得しておらず、十分な相続人の調査がなされていなかったためです。


これによって、相続人全員が関与せざるを得ない状況となりましたが、中には連絡をほとんど取り合ってない相続人もいるよう
で、結局、残金決済は予定日に行えませんでした。


仮に、この段階でその相続人が初めて遺産の売却を知り、遺留分減殺請求を行ったらどうなるでしょうか?


売買契約は途中で頓挫し、不動産の引渡しは遅れ、買主は手付金の取戻しに苦労することになるのでしょう…。


最悪、裁判にでもなるかもしれません。


戸籍等、何ら不備がなければ、知られたら都合の悪い相続人に知られず無関与のまま不動産を売却でき、不運にも、一部の書類に不備(戸籍が足りない等)があれば、知られたら都合の悪い相続人に売却がバレてしまい、関与も必要になり、遺留分減殺
請求の機会も与えてしまう…。


この制度には明らかに「不備」がありますよね(^_^;)


「高齢化」が加速するなか、「清算型遺言執行」は今後増えていくと思われます。


遺言執行者には相続人の調査・通知義務を課すとか、何らかの方法によってトラブルを回避すべく、法システムの整備をすべきではないでしょうか?


まとめ/遺言執行者が当事者となる場合に売買契約を締結する際のチェックすべき2つのポイント

以上から、遺言執行者とこれから不動産の売買契約を結ぼうとする場合、以下の点をしっかりと確認することがポイントになり
ます。


①遺言執行者が、法定相続人の調査を
 ちゃんと行っているのか?
 (戸籍は全て揃っているか?)
②遺言執行者が、法定相続人・受遺者
 との利害調整をちゃんと行っている
 のか?

最低限、上記が済んでない案件は、危険でトラブルの可能性があるものと、肝に銘じたいものですね!


「旧法戸籍」について詳しくお知りになりたい方は

旧法親族相続戸籍の基礎知識
戸籍事務・法曹・司法書士・金融機関ご担当者必携のバイブル。

 詳細情報  http://www.teihan.co.jp/contents/037.htm


「遺贈」について参考にした書籍はこちら

新訂 相続・遺贈の登記
類書の少ない遺贈の登記について、余すところなく取り上げられており、参考とすべき判例、先例、登記実例をもれなく集録した、遺贈に関する集大成。

 詳細情報  http://www.teihan.co.jp/new/newtitle0606.htm








今日も、「ゆうらり」に来てくれてありがとうございます。

▼がん患者さんやそのご家族のかた
• ブログ村 胃がん はこちら

▼がん患者さん
• 人気ブログランキング はこちら

▼それ以外のかた
• FC2 ブログランキング はこちら




data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"



がんになったら...がんの治療を始める前に知っておきたい/読んでおきたい本


 抗がん剤投与の副作用や後遺症によって
 失われる可能性のある機能や症状について
 必要な情報が書かれてある本をまとめました。
 
       
使える!おすすめレシピ本


 実際に私が使ってみて良かったレシピ本を
 まとめてみました
                     
おすすめ無料アプリ<がん関連>
おすすめ無料アプリ<糖質関連>
おすすめゲームアプリ<将棋・麻雀>


 私が趣味で使ってる将棋・麻雀の
 おすすめアプリです!

 プロ将棋界の公式戦をリアルタイムな解説と
 関連レポート付きでみることが出来ます。  
 全国の人とオンライン対局が出来る
 将棋倶楽部24のアプリバージョン。  
 実はこの私。麻雀も強いんです!
 現在は「雀仙四段」  
麻雀 昇龍神DX
120円
(2017.09.06時点)
posted with ポチレバ
人気記事一覧(2016.9.1~2017.8.31)


 アクセス数が多かった記事をまとめてみました

 第1位
【癌】になる人、ならない人 | 国立がん研究センター の調査結果で明らかに!がん予防 について最低限知っておくべき3つのこと

 第2位
癌 の 再発 ・ 転移 の時期 | 胃癌 と 骨転移 の見過されがちな関係と危険性について語ります

 第3位
【Jアラートは無意味⁉︎】北朝鮮が弾道ミサイル発射!3段式に進化したようですが | 気にせず七草粥

 第4位
この方法で【インスタントラーメン を10倍美味しく食べるコツ】を学べます

 第5位
胃がん、症状、あるある | 出先 で調子が悪いとき!

 第6位
ステージ4【末期がん】患者の8割が「糖質制限」で改善!? 衝撃の研究結果 | その信憑性は!?

 第7位
胃がん で全摘した【胃の大切さ】を改めて思う | 食後 の 眠気・目まい・ダンピング を治すのも楽じゃない!

 第8位
本当は恐い 胃がん 術後 の タバコ 【喫煙・喫煙率】は? | 今日から 禁煙 します

 第9位
胃がん【術後 の 旅行】について | 宿の決め方や旅先での注意点について最低限知っておくべき5つのポイント

 第10位
胃がん 術後 の【るいそう】は悪化の一途 | 体重減少 はどこまで 許容範囲 なのか...

 第11位
胃がん ブロガー さんの - 予約 投稿 - という形の『遺書』について

 第12位
清算型遺贈と登記

 第13位
【癌患者 の 予後不良】とまわりの対応の変化 | 誰が殺した!?癌 と 孤独死

 第14位
【必読】訂正後の - 障害年金 用 診断書 - を入手 | 緊急レポート

 第15位
時期が来たので『痛い【硬膜外麻酔】の恐怖と 帯状疱疹 | 脊髄注射を思い出させた 夜間低血糖/足の痛み』を語ります

 第16位
胃がん 運命の 検査結果 悲惨な末路…

 第17位
【胃がん】の発覚から 術後1年 までの経緯 - こうして私は克服しました | プロローグ

 第18位
胃がん ちょっとヤバいかも!?加速する絶不調が僕を苦しめる

 第19位
胃がん 体重 減少 - 食べても食べても 痩せる ばかり - ストレス...悪くないですね...フフ...

 第20位
気づいてますか?【胃がん】手術後の『トイレ 事情』と『ダンピング症候群・低血糖』との関連性


コメント

非公開コメント




本ブログへのリンクは
ご自由にお願いします



Messageを見る


はじめまして!!Мです。

仕事は、法律関係の傍らで
派遣業務や、
不動産のアウトソーシング事業を
かけもちしています。

ブログをリニューアルオープン
しました。
よろしくお願いします!!

仕事一筋で走り続けてきた
人生でしたが、
2011年終わりに38歳の若さで、
ほぼ末期の
胃がん宣告を受けました。

がんが発見された時は、
不治の病の領域にまで
達しており、
何度か

『死』

を覚悟しましたが、
幸いにも手術は成功し、
奇跡的に
踏みとどまる事が出来ました!!

しかし、病状が重かったため、
後遺症や再発の不安等、
悩みは尽きません。

したがって、
いつ人生の終焉が訪れるか
分かりませんが、
善意ある方々の
ご厚意に囲まれ、
幸せな日々を送っています!!

とりあえずは
出来る事から少しずつ。

仕事も、
しばらくの間は部下に任せて
頑張り過ぎないように
働いてます。

【ブログを始めたきっかけ】

国民の2人に1人の割合で
発症しているとされる

がん


現在では、
インターネットの普及や
たくさんの書籍により、
患者自身で
有用な情報収集が可能な時代に
なりました。

しかし、自分が「がん宣告」
を受けた時、
情報はたくさんあっても
何をどうすれば良いか
全く分からず、
大変な苦労や、
あれやこれをしておけば
良かったのに・・・と
とても後悔しました。

なぜなら、がん宣告を受けても、
自覚症状がなかったせいか、
生まれてこのかた
殆ど病気らしい病気を
一つも経験したことのなかった
自分としては、
なかなか自身のこととして
受け入れることが出来ず、
「本当なの?」
と疑心暗鬼に
陥ってしまっていたため、
その時に動こうとしても、

冷静な情報収集が

行えなかった


からです。

今、痛感していることは、

『その時が来てから

では遅い!!』
です!!


そこで、
自分の実体験や実体験を通して
知れ得た有益な情報を
ブログを通じて
発信することにより、
少しでも同じ様な境遇にある方々の
一助となれば、
と思い至りました。

また、今は健康でも
将来の備えとして
有益と思った情報も
載せていきますので、
健康な方も
突然の病に慌てることのないよう
ご参考として頂ければ
と思います。

ただし、自分自身
多趣味で浪費家?
でもあるので、
色々思ったことは
赤裸々に書いていきます!!

アニバーサリー

本日は、私の術後
です୧(๑•̀⌄•́๑)૭

リンク

◆国立がん研究センター
 『がん情報サービス』
それぞれのがんの解説
日常生活の助けとなる情報
がんの原因や予防について

◆がんで困ったときの工夫、治療法
患者と家族の闘病記|ブログ村

◆闘病中の患者や、ご家族の話し
がん症状、治療|ブログランキング

◆さまざまな病気や症状の悩みごと
最新情報|FC2 ブログランキング

Amazon タイムセール情報

My Channel


FC2 ブログランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
64位
アクセスランキングを見る>>
[サブジャンルランキング]
社長ブログ
2位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー別記事


01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

Contakt 

コメント

免責・問題を報告

PAGE TOP