【がん】の 罹患率 が 168% も高くなる!川島なお美さんの死にとんでもない事実判明!?

By




スポンサードリンク


たまたまネットを見ていたら、こんな記事を目に
しました。

無題 

赤ワインは、
がんの罹患率が168%
も高くなる!



スポンサードリンク


2009年の、フランス国立がんセンター
の報告だそうです



知りませんでした



赤ワインは、ポリヘエノールが含まれて
いるのが心筋梗塞などに良いとされており

フレンチパラドックスと言われていました
が、こうなると心筋梗塞に良いと言うのも
怪しいものですねぇ…



糖質が、がんの餌なら、赤ワインにも穀物
ほどではないにせよ糖質が含まれているの
だから、がんの餌になるのは理の当然なの
でしょうか。



酒は、ワインでも、日本酒でも、二合程度
飲むのは、血流が開いて心筋梗塞に良いと
されているのも、疫学調査の結果。



問題なのは、2009年当時の報告が、
今頃になって注目され始まった事



これとても、疫学調査の限界が有るので
しょうが、「糖質とがんとの相関」がどう
なっているのかを早急に調べて欲しいもの
です。

love.


関連記事


Tag
糖質とがんとの相関性とは?【がん】の罹患率が168%も高くなる!川島なお美さんの
Share

スポンサードリンク


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply