胃がん ダンピング対策の変遷

By




スポンサードリンク


熱のせいかも知れないけれど、倦怠感がここ最近、
特にキツくて(汗)眠気覚ましの意味合いも兼ね、
コーヒーを飲む回数も増えました



もっとも、サーモスを購入した頃より、長時間熱々
なコーヒーが飲み続けられるようになってからは、
段階的には頻度が増しているのでありますが…。



それが最近、コーヒーを飲むとかえって怠さが増す
ような感じがするようになりました。


砂糖を入れて飲むので、血糖値の上昇が原因なのか
も知れませんね(汗)


そもそも、健常時には、まったくといって良いほど
コーヒーを飲む習慣はありませんでした。


飲み始めるきっかけとなったのは、ダンピング対策
のひとつとして、コーヒーを飲むことをドクターが
話していたから。


それまでは、キットカットなどチョコレートを常備
していたのですが



置いてあれば美味しくてついついつまんでしまい、
虫歯も増え出したので、コーヒーにとってかわる事
となりました。


ダンピングは急激に起こり始めるため、ゆっくりと
コーヒーを入れてる時間はないのですが、冷蔵庫に
ペットボトルのアイスコーヒーを常備していつでも
すぐ飲めるようにしてあります。


ところが、最近の怠さを感じるようになってからは
コーヒーは控えめとなり、その代わりにダンピング
の時はバナナを食べるようになりました。


体調の変化とともに変わってきたダンピング対策の
変遷
。これは、身体の機能が改善して来ているため
なのか、或いはその逆なのかは、自分ではさっぱり
わかりません(汗)


本日やっとの晩ごはんは、結局こんな時間に(*_*)



はらことろろ飯に、さわらの西京焼きと、長ネギの
味噌汁



ご飯にいくらを乗せて、普通にいくら丼で食べても
美味しいのですが、鮭と大和芋といくらの組合わせ
が美味しいという記事を見かけたので、早速試して
みました。宮城の郷土料理らしいです。味付けは、
麺つゆと山葵にしましたが、とっても美味しかった
です^ ^

love.
関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

シェア


Share & 拍手

スポンサードリンク


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply