障害年金には「基礎年金番号」が必要、年金手帳が見つからない時は?

By




スポンサードリンク



こんにちは。障害年金ブログの管理人Mです。


胃がんの後遺症を理由に、障害年金の申請を準備中です。前回の記事ではまず、第一段階として障害年金に必須の「初診日」を確定させました。



次は、第二段階として「障害年金用の診断書」を請求することになります。ただし、それと同時に準備しておかなければならない書類を社労士から指摘されまして。


その書類とは「年金手帳」のこと。どうやら、障害年金の手続きを進めていく際には、年金手帳に記載された「基礎年金番号」がたびたび必要になってくるらしいんです。


年金手帳


今回は、普段使うことのない「年金手帳と基礎年金番号の話し」を少しだけ書かせて下さい。年金手帳って、どこにあったっけ?




スポンサードリンク


障害年金に必須な「初診日」を確定、第二段階「診断書」の請求へ


今日は、障害年金の件で動いていたのだけれど、波乱含みの1日でした。胃がんが発覚したきっかけの、初診を受けたクリニックがなくなっていたり、その時の診察カルテが破棄されていたり…


一瞬、ドキッとするようなことが続いたが、何とか目的の「受診状況等証明書」をその日中に入手。障害年金の申請で必須となる「初診日」を確定させることが出来たのは幸いでした。


初診年月日が確定できたことで、障害年金の準備手続きも❝第二段階❞へ進める状況となったのです。


さっそく、入手した書類を社労士事務所に届け、次のステップとなる2通の「診断書」を預かりました。


「障害年金用の診断書」は所定の用紙があり、記載すべき内容も決まっています。これを、ボクが通院しているがんセンターの主治医に書いてもらうことになるのです。


がんセンターへは、明日にでも何とか持ち込むようにしよう。


「基礎年金番号」が障害年金に必要、年金手帳が見つからない時は?


社労士から、ある指示を受けました。


それは、「お戻りになられたら、年金手帳に書いてある『基礎年金番号』を教えて頂けますか?」というもの。


年金事務所にいろいろと照会をかけるのに、この❝基礎年金番号❞というものが必要となるらしい。


「年金手帳か…」


年金手帳なんて普段、使うことがないので、最近はまったく見た記憶がないですよ(汗)


帰宅してから、着替えも後回しでくまなく「年金手帳」を探したのだけれど、案の定というべきか…


ない!!


昼ごはんを食べてないので、もうフラフラです。目まいがするなか何度も何度も探したが、けっきょく断念することに(汗)


金庫にでもしまい込んでいないかと、どん底の体調のままオフィスにも行ってみたが結局見当たらず…


今日は自分の悪運の強さを感じていたのに、肝心なところで運に見放されたのか?


再び帰宅して、さらにもう一度探しなおす。しかし、やっぱり駄目だった。


年金手帳のほかに、基礎年金番号が書いてある書類はないのだろうか?定期的に送られてくる「ねんきん特別便」なるものにも記載はないし…。


個人情報の保護が厳しくなったので、当然のことではありますが。


ん?待てよ!?


ということなら、昔のねんきん特別便には記載されているのか!?と、ヒラメキが湧いたのです。


なぜか、10年近く前に送られてきたものがたまたま残ってたのを思い出した。さっそく中身を見てみると…


ねんきん特別便


書いてあった!!


何と悪運の強い男なのだろう( ̄+ー ̄)


年金手帳はないけれど、とりあえずこの番号を社労士にメールすることで解決だ。


これから障害年金の準備を始める方はまず、年金手帳を確認してみて下さい(汗)


関連記事


Tag
胃がん障害年金基礎年金番号調べ方年金手帳がないねんきん特別便障害年金ブログ
Share

スポンサードリンク