ステージ4の【前立腺がん】と14年間「共存」し続けた - 奇跡のシェフ - 亡くなる

By




スポンサードリンク


無題

末期の前立腺がんで「余命ゼロ」といわれながら、
「料理人」として独自の食事療法で14年間、がんと
共存してきた「奇跡のシェフ」こと神尾哲夫さん
5月4日、64歳でお亡くなりになられました。


“奇跡のシェフ”神尾哲男さん死去 がん闘病14年生き抜いた


スポンサードリンク


最近、「がん」の関連本を調べていると、
神尾さんの料理本がいつも人気ランキング
の上位にある為、気になっておりました。

「末期がん」と闘い続けながらも、独自の
食事療法
でその克服を目指してきたシェフ
が書くレシピというものは果たしてどんな
内容なのか?

ちょうど、その料理本の内容を調べてから
買ってみようとネットで検索している最中
に、この訃報を知ったのです。



がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事








がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事



価格:
1,188円


(2017/08/15 19:51時点 )




 がんの関連書籍 人気ランキング ↓





神尾さんは、51歳の時にステージ4の前立
腺がん
を宣告されました。手術や抗がん剤
治療を行なったものの、その効果は芳しく
なかったようです。

そこで、「自分は料理人なのだから、料理
で病気を克服しよう
」と、考えるに至った
そうです。

その食事療法は、「旬の自然食材」を中心
とした至ってシンプルなものであり、その
一部が著書の「がんで余命ゼロと言われた
私の死なない食事
」として出版されベスト
セラーになりました。

神尾さんは、余命宣告を受けた後も厨房に
立ち続け、シェフとして現場を離れた後は
同じがん患者向けの食事指導などで、亡く
なる直前まで精力的に活動されていたよう
です。

大きな腫瘍を抱えたまま、14年間。

余命宣告を受けながらも、その間、独自の
料理哲学を実践して、がんと「共存」して
来た神尾さん。

食べものはくすり」ということを改めて
痛感すると共に、神尾さんの半生は「がん
との共存
」というひとつの「道しるべ」を
示唆しているように感じた次第です。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply