【がん】で 抗がん剤治療 や 闘病 中・胃切除 後は 食中毒 に 要注意!O157 の 大流行 が想像以上に凄い件について

By




スポンサードリンク


久方振りで復活した真夏日の猛暑。



東京でも、2週間振りに35℃以上となる猛暑日と
なりました。

日中、まともな食事が出来ない身で外に出ずっぱり
でいたら、後半で脱水症状となってしまい、完全に
ギブアップ(汗)

帰宅後、動けなくなりました(;´д`)

がんを抱えた人や、がんの手術後、抗がん剤治療を
行なうと、確実に免疫力の低下や、正常な細胞への
ダメージを伴います。

スポンサードリンク


特に、胃の全摘をされた方は胃液の喪失に
よる殺菌力の低下が要注意です。

現在、発生源が不明なO157による食中毒が
流行の兆しを見せており、胃がんの手術を
終えられた患者さんにとってはまさに大敵
となります。



暑さで脱水症状も起きやすく、弱っている
なかで無理して外食をされると大変危険な
時期ですね。

ここ数日は猛暑日が続くと思われ、食べ物
も腐りやすいなかでのO157の流行。

出先での水分補給はこまめに行ない、外食
にはくれぐれも細心の注意が必要です。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply