胃がん ブロガー さんの - 予約 投稿 - という形の『遺書』について

By




スポンサードリンク


私が登録してる『にほん ブログ村』さん。

にほんブログ村 胃がん

無題

同じく、『胃がん』ブログを運営されてるブロガー
さんの予約投稿と思われる記事を目にしました。

最後のご挨拶&はろー 俺!|ステージⅣ胃癌との闘病物語 癌になんか負けてたまるか❕胃癌出てコイや(ノ`△´)ノゴルァ~

この記事だけでは、現在における正確な消息の方は
わかりようがありませんが、大変なショックを受け
るとともに、私と同じくブログの最終回に『遺書
という形で締めくくることを考えてらっしゃる方が
いたのか、とも思いました。

スポンサードリンク


実はこの私。

昨年末に、原因不明のひどい高熱が続いた
時期がありまして…

fc2blog_20170827111955de8.jpg 

まったく動けないなか、誰の助けも得られ
ず、私の親族も無視。

無題 

私のブログが更新されてるかどうかで生存
確認をしてる、と人間として信じられない
ことを言われました。


私が死んだのが確認出来たら動こうという
意味にしか受け取れず、これって明らかな
刑法上の『保護責任者遺棄致死』に当たる
話しですよね。

そんなこともあり、きっとこのままいくと
私の最期は『孤独死』になるのだろうと。

そこで、1週間のあいだに自分がブログの
更新が出来なかった場合、1週間後に自動
投稿
される『未来の日付』で記事を書きま
した。私にとっての『遺書』です。

内容的には、今回のブロガーさんが書いた
ものと似てますが、今までブログでは内緒
にしている暴露話しまで書きました。死ぬ
のであれば、何も思い残さない形で死んだ
ほうが良いですから…。

現在も、日付をずらしながら、放置すれば
1週間後に『遺書』が自動投稿される設定
を続けております。

今回、記事を投稿されたブロガーさんは、
きっと責任感のとても強い方なんだな、と
思わされました。

体調が悪くて単にブログが更新出来てない
だけなのを祈りたいです。

love.
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply