厚生労働省【医療機関ネットパトロール】でウェブ広告規制を開始 | うそや大げさなサイトの放置はダメ!誰でも通報できる

By




スポンサードリンク


術後1978日目です。

おはようございます。

延々と続く「体調の悪化」。

無題 

足の痛みがまったく治らず、苦しみのなか生きているのがやっとという感じです(汗)

ストレスも極限まで来てるなか、昨夜は一瞬足の痛みがおさまったのを良いことに少し無謀なことをやってしまいました。

ぎょうざカレー | カレーと餃子を融合した『禁断のレシピ』札幌のソウルフードが食通の心をくすぐる!

当然のことですが、その後は苦しんで苦しんで…(汗)

すぐに足の痛みも再発して、泣きたくなるような心境です。まったく…

今朝の体重48.3Kg。

今日はまったく食事が出来てません。

いつもブログの更新は、スマホである程度の文案を考えながら「下書き」をして、余裕があればパソコンで「清書」しているのですが、スマホを持つことすらままならない状況が続いております。

いつも決まった時間にきっちり更新出来れば良いのですが…(汗)こんな身になってしまった私を哀れだと思いながらお付き合い頂けると幸いです。

意識が戻って来たところで、足の痛みを我慢しながらブログを書いてます。誤字脱字があったらお許しを。

「胃がん」を始め、「がん」を患った非常に多くのがん患者さんが、ネットで私のブログを見つけては毎日訪れていらっしゃいます。

がんを宣告され、藁をもつかむ気持ちで、何か良い情報がないものかといろいろ検索して調べたり…。

現に胃がんを宣告され、その時にはすでに「手術不能」なほどにがんのステージが進行した状態だった私自身も経験してることですから、お気持ちは痛いほど良くわかります。

そんな状況にある時だからこそ、あえて言いたいのは、「冷静な気持ち」を忘れないように!ということ。

無題 

自分が突然の窮地に立たされると、どうしても正しい判断を下すことが出来なくなります。

ネットで「がん」のことを調べると、さまざまな情報が山のように出て来ます。

しかし、なかには「おや!?」と思うような、おかしながん情報やがんのサイトが溢れかえっているのも事実です。

怪しい「がん情報」や「がんサイト」は、通常だとネット検索結果の上位に表示されます。なぜなら、がん患者さんが検索に使うであろう「キーワード」を予め想定して、そのキーワードが検索されたら上位表示されるようにプログラミング(SEO対策)されているから。

冷静な気持ちで判断出来る状態なら「これはちょっとおかしい」と思うようなことでも、自分が窮地の最中にいると正しい判断を下すことが出来ないのです。

怪しい「がん情報」や「がんサイト」の目的は一体何でしょうか?それは「金儲け、がんビジネス」です。

無題 

時には人命にも関わる医療情報。冷静な判断能力を失い、藁をもつかむ気持ちでいる患者さんにつけこみ、間違った医療情報で何かを売りつけようとしている。そんな営利目的のウェブサイトが数多く存在するのです。

おまけに、ネット上には正しいのかそうでないのかが良く分からないまま、怪しげな情報が掲載されているものもあります。WELQ騒動が記憶に新しいところですね。これらのものは、患者さんに有益な情報を提供することが目的ではなく、自分のサイトにアクセスさせることのみが目的なのです。患者さんを自サイトに訪れさせたあとは、商材を売りつけるのか、個人情報を盗み取るのか…

騙された患者さんはどうなるのでしょうか?

例えば、良くあるケースとして植物や怪しい飲みものなどの「商材」を売り付けられる場合

無題 

食べものはくすり」と言われます。最近では、「ブロッコリースプラウト」が「がん対策」として効果的と話題になってますね。たしかに、食事はがんに打ち克つためには重要なツールのひとつです。しかし、それだけでは進行した固形がんを治すことは不可能なのです。スプラウトだってあくまでそのツールのひとつ。これがあまりに誇大広告化すれば、問題ともなるでしょう。これからがんの治療を始めるのなら、スプラウトを栽培するよりもまずすべきことが他にあるはずです。


考えてもみて下さい。『この植物を栽培して服用すれば「がん」が治ります』とか『これを飲めば「がん」が何パーセントまで小さくなります』なんて話しが本当であれば、とっくに「特効薬」として全国的に使われてますよ!

そんなことを言ってるこの私も、騙されたうちの一人です。食べものや飲みもの、植物や薬ではありませんが、胃がんの手術前に「これを買えば助かる。買わないと死ぬかもしれない。」ということを執拗に言われ、何十万もする高額な「仏壇」を買わされました。手術の直前でしたから、喧嘩する状況でないことを逆手に利用されたのです。売りつけた相手は、このブログに度々登場する親族。ちなみにこの仏壇。購入してから一度も開けたことがない。邪魔なので処分してしまいたいです(汗)親族なのに、風上にも置けないヤツです。もし私が死んだら、彼の個人情報が公開される仕組みになってますから、どなたか糾弾して下さい。

無題 

怪しい話しに振り回された結果、本来行えたであろう治療のタイミングを逃し、気が付いた時には既に時遅し。騙した者を糾弾したくても、その頃にはこの世にいないかも知れません。

無題 

最近、先に述べたようながん患者さんの不安を、今後は取り除くことになって行くであろうと思われる、あるニュースを知りました。

スポンサードリンク


厚生労働省が「医療機関ネットパトロール」を開始


がん患者さんを始め、患者さんの気持ちを踏みにじるような「うそや大げさな表示」がされている医療機関のウェブサイトを、誰でも通報出来る仕組みが誕生したのです。

無題

それが、厚生労働省が開始した「医療機関ネットパトロール」です。

医療機関ネットパトロール

医療は人の生命・身体に関わるサービス。ただ間違っているだけでなく、それが命までをも脅かすようであったり、金儲けの道具とされてたら問題です。

もし、おかしいと感じる医療機関のウェブサイトを見かけたら、通報フォームを利用してみると良いかも知れません。

本日も素敵な1日を。

love.
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply