胃がん 術後 に おすすめ!パスタ の 作り方・レシピ | ツナサラダパスタ

By




スポンサードリンク


昼ごはん。


パスタのイメージ画像


今回の主食はパスタ


ちょっと食欲がなかったので、どんな感じにして食べるか迷いましたが、大好きなミートソースやナポリタンは重い(汗)


こんな、食欲のないときに重宝するメニューといえば、やっぱりサラスパですね!


サラスパといえば、先日作った「サラスパ風」そうめんがとても美味しかったな…。


 関連記事  【レシピ】ツナサラダそうめん | ダイエットや糖質制限向きな『ピリ辛・ヘルシー・サラスパ風!』


という訳で、そうめんで作ったレシピを思い出しながらツナサラダのパスタ版を食べてみることにしました。



スポンサードリンク


ピリ辛&ヘルシー!ツナサラダパスタの作り方・レシピ


ツナサラダパスタ



作り方は、フライドオニオンを刻み海苔にかえた以外はそうめんの時と全く同じ。


今回の糖質・カロリーはこちら。




パスタ料理にしては低糖質でヘルシーですね!サラスパは糖質制限やダイエット食向きだと思います。




まとめ/胃がんの術後におすすめなパスタの作り方


実食。



胃がんの術後は、消化の悪い麺類を食べると良く下痢を起こしてました。


「よく噛んで少しずつ」とは言うけれど、噛んでも噛んでも胃液があった頃のように消化させるのには限界があるんですよね。噛み砕いて具材をいくら細かくしても、細かくなった原形を留めながら、そのまま未消化で出て来るんです(汗)


だからといって、麺類を避けたりして食事の幅を狭めるのは良くないことです。


ならば、調理で消化しやすいように工夫するしかありません。麺を通常よりも長い時間茹でたりするのも一策ですが、それだと麺が伸びてしまうだけで美味しさも損なわれます。


そこで私が考えたのが、麺は電子レンジで作る!



最近は、こんな感じのものを毎回使ってパスタを作ってます。



一応、ラーメン用のも購入したのですが、パスタ用のものだけで賄えるのであまり使ってません(汗)


短時間で麺の芯まで熱が通るため、麺が伸びることなくモチモチに仕上がるんです。この方法で食べた時は麺が原形を留めて出て来る頻度が極端に減りました。麺を消化させるコツは、いかに短時間で芯まで熱を加えられるかにあるようです。


通常よく見るサラスパの味付けだとあっさりし過ぎるきらいがありますが、ピーナッツバターを加えるとコクが出て味わいに深みが増します。


キムチのピリ辛感は、食欲のない時にピッタリ。


美味しく食べられました!


love.

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply