ゆうらり Happy Smile

胃がんブログ。2011年38歳の若さでほぼ末期のがん宣告。抗がん剤に希望を託し、手術にこぎつけたのは奇跡でした。人生なんて気持ち次第!きっと何とかなるさ...『胃がん闘病記』として胃全摘後に経験した後遺症・ダンピング症候群の苦しみや食事の悩み、障害年金のことを綴るほか、胃がん・乳がん・大腸がんなど『がん』に関する有益な情報や便利アイテムについてご紹介。趣味やとりとめないこと、思った・感じたことも...毎日更新!

胃がん術後の体重減少は手術に原因が!?再発や5年生存率との関係も

スポンサーリンク

 INFO
 このブログについて
「がん」の症状や後遺症、抗がん剤や薬の副作用などについては、「個人差」があり、また、人により、その治療法につきましても、さまざま異なります。

本ブログに掲載した記事内容につきましては、あくまで「胃がん」となった私個人の経験上に基づく見解ですので、場合によっては他の情報と異なっていたり、誤解の生ずる表現も時にはあるかと思われます。

したがって、掲載された内容を今後のご参考にされる際には、必ず医師や専門家に相談し、ご指導のもとに行なって頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

なお、掲載について何か問題がある場合は、お気軽にご指摘下さい。

確認後、速やかに対処させて頂きます。
 病院で教えてもらえないことや、お探しの情報が見つからない場合は?
 ◆胃がんで困ったときの工夫、治療法を参考にするには...
スキルス 末期 手術 患者と家族の闘病記|ブログ村
 ◆闘病中の人や、ご家族の話しをもっと知りたいときは
胃がん 症状 治療 闘病記録|人気ブログランキング
 ◆心と身体のさまざまな悩みをもっと幅広く知るには...
病気 症状 闘病の最新情報|FC2 ブログランキング


今朝の体重が激減していたことにショックを受けた朝。


体重計のイメージ画像


食べても食べても、食事にいくら工夫を加えてみても、体重は増えるどころか現状維持が精一杯…。


そんな中で、期待を裏切るかのような突然の体重激減にるいそうの悪化(汗)


さすがの私も、少なからず凹んでしまいました(~_~;)


もう体重のことは諦めて、これからはどうなろうとも為すがままに過ごそうかとも思ってしまうところですが、まだ前向きに生きようという気持ちがわずかに残ってる限りは頑張ろう。


ということで、自分の食生活にはどんな問題があるのか?を、初心に戻って一から調べることにしました。


すると、思いもよらぬ記事に遭遇したのです。


それは、体重減少の原因が私自身だけの問題ではなかったことを示唆するものでした。



スポンサーリンク





食事方法だけが原因ではなかった!胃がん術後の体重減少

今まで、体重が減ってしまったり、なかなか元に戻っていかないのは、胃を全摘したことが原因で、栄養が吸収・消化出来ないためだと思ってました。


しかし、胃をどのくらい残すかだけでなくどこを残すかということが、胃がん術後のQOLに重要な影響を及ぼすことがわかったというのです。




「術式別」胃切除による体重減少の割合とは

週刊朝日ムック「胃がんと診断されました」によると、公益財団法人がん研究会有明病院の医師らが、胃切除後の体重がどれくらい減るのか、術式別にその割合を調査したらしい。すると、次の通りとなったようです。表にまとめてみました。


胃の切除範囲と術式による残胃と体重減少率
残胃体重減少率
胃全摘0%-18%
噴門側胃切除60%-12%
亜全摘20%-11%
幽門側胃切除30%-9%
幽門保存胃切除50%-7%


胃全摘の場合は、術後1年で平均18%ほど減少していました。


今回の調査によって、意外なことが判明。胃全摘の次に体重減少率が大きかったのは、胃を60%も残せる「噴門側胃切除」でした。残胃30%の「幽門側胃切除」や残胃20%で小ぶりな大きさしか残らない「亜全摘」のほうが、体重の減りが少なかったのです。


胃の切除する範囲が大きければ、それに比例して体重も減るという常識を覆すものとなったのです。




体重の減少が抑えられる胃切除の「術式」とは

今回の調査で、胃のどの部分を残せば体重減少が抑えられるかが判明しました。それは、胃の上部にある穹窿(きゅうりゅう)部


胃の穹窿部とは、脳に働きかけて食欲を増進させるグレリンというホルモンを分泌している場所です。


グレリンの約9割が胃で分泌されるため、穹窿部の有無が食欲に与える影響が大きいのだそうです。


残胃が大きくても、穹窿部の喪失で食欲が湧かなければ、思うような食事が出来なくなる。さらに、グレリンは味覚にも密接な関連が。欠乏すれば味覚も低下することになるのです。


胃がん術後に体重が減るのは、胃が小さくなって栄養の消化吸収が悪くなるから、というのが今までの通説でしたが、実際のところは、消化吸収の機能以上に「食欲」の低下や「味覚」の欠乏といったものが体重減少に多大な影響を及ぼしていたのです。




「体重の減少」による予後の悪化・再発がんのリスク/生存率を下げることも

さらに、極端な体重減少が患者の将来に深刻な影響を及ぼすことも明らかにされました。


術後の体重減少は、さまざまな組織を支え動かしている筋肉の骨格筋から痩せていくという特徴があり、痩せが進めば、歩行困難や握力低下などQOLにも重大な支障を来すことに。


また、体重や骨格筋の減少が術後の十分な治療を妨げ、それが再発がんのリスクを高め、予後を悪化させることにつながり、さらには5年生存率にも影響を与えることが明らかにされました。体重が15%以上減少した人の5年生存率は15%未満の人よりもかなり低かったのです。





まとめ/QOLを考慮した手術方法の選択が大事

私をはじめ、胃がん術後の体重減少に悩む患者は非常に多い。


食事の摂り方や栄養補助食品といったさまざまな対策を講じてもなかなか体重が戻らないのは、手術方法にも原因があった訳です。


今回の調査により、がん研の医師らは「手術方法を選ぶ段階から、体重減少を予防することができる」と強調。


現在は医療技術の進歩により、手術方法を工夫することが可能。根治をめざし、癌の病巣をしっかり取り切ることは大前提なれど、患者の術後のQOLを十分に考えた最適な手術方法が選択されることが大事なのです。


 関連記事  【胃がんに強い病院】術後のQOLを考慮した都立駒込病院 | 胃の上部だけを切除して下部を残す手術とは!?



 よく一緒に購入されている商品 



 「胃がん」新書のご紹介 


 


 


 







スポンサーリンク


記事をお読み頂きありがとうございます!


最後に、『この記事読んだよ!』の©マナーとして、下記のリンク(ランキングサイト)のクリックをお願いしています。


▼がん患者さんのご家族のかた
にほんブログ村 ブログ村 胃がん

▼がん患者さん
人気ブログランキング 人気ブログランキング

▼それ以外のかた
FC2ブログランキング FC2 ブログランキング


クリックがポイントとして換算され、このブログの順位が上がっていく仕組みです。

モチベーション向上のため、ぜひご協力をお願い申し上げます。



最近、当ブログの閲覧者数増大とともに、「荒らし」と思われる行為も多く見受けられます。
上記クリックがなく、膨大な記事を閲覧された場合、「セキュリティーシステム」により今後の閲覧が制限される場合がありますのでご了承下さい。








関連記事





コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

 プロフィール

M

Author:M


本ブログへのリンクは
ご自由にお願いします



はじめまして!! Мです。

仕事は、法律関係の傍らで
派遣業務や、
不動産のアウトソーシング事業を
かけもちしています。

ブログをリニューアルオープン
しました。
よろしくお願いします!!

仕事一筋で走り続けてきた
人生でしたが、
2011年終わりに38歳の若さで、
ほぼ末期の
胃がん宣告を受けました。

がんが発見された時は、
不治の病の領域にまで
達しており、
何度か

『死』

を覚悟しましたが、
幸いにも手術は成功し、
奇跡的に
踏みとどまる事が出来ました!!

しかし、病状が重かったため、
後遺症や再発の不安等、
悩みは尽きません。

したがって、
いつ人生の終焉が訪れるか
分かりませんが、
善意ある方々の
ご厚意に囲まれ、
幸せな日々を送っています!!

とりあえずは
出来る事から少しずつ。

仕事も、
しばらくの間は部下に任せて
頑張り過ぎないように
働いてます。

【ブログを始めたきっかけ】

国民の2人に1人の割合で
発症しているとされる

がん


現在では、
インターネットの普及や
たくさんの書籍により、
患者自身で
有用な情報収集が可能な時代に
なりました。

しかし、自分が「がん宣告」
を受けた時、
情報はたくさんあっても
何をどうすれば良いか
全く分からず、
大変な苦労や、
あれやこれをしておけば
良かったのに・・・と
とても後悔しました。

なぜなら、がん宣告を受けても、
自覚症状がなかったせいか、
生まれてこのかた
殆ど病気らしい病気を
一つも経験したことのなかった
自分としては、
なかなか自身のこととして
受け入れることが出来ず、
「本当なの?」
と疑心暗鬼に
陥ってしまっていたため、
その時に動こうとしても、

冷静な情報収集が

行えなかった


からです。

今、痛感していることは、

『その時が来てから

では遅い!!』
です!!


そこで、
自分の実体験や実体験を通して
知れ得た有益な情報を
ブログを通じて
発信することにより、
少しでも同じ様な境遇にある方々の
一助となれば、
と思い至りました。

また、今は健康でも
将来の備えとして
有益と思った情報も
載せていきますので、
健康な方も
突然の病に慌てることのないよう
ご参考として頂ければ
と思います。

ただし、自分自身
多趣味で浪費家?
でもあるので、
色々思ったことは
赤裸々に書いていきます!!


 最新記事


全部99円!アマゾンKindleセール「年末年始ドカーーン!と一挙99円キャンペーン」開催中(~1/17) 2018/01/17
術後の食事で昏睡状態に陥る危険性が - 自由な食事もこれが最終回[今日のエッセイ] 2017/12/18
癌の障害年金でお手本になる胃がんの診断書が完成 - 後遺症の具体的な書き方 2017/12/17
パフューム(Perfume)のセレクトショップが伊勢丹にオープン[トピリスト] 2017/12/17
住民票は障害年金の「額改定請求」でも無料になるの? - がんの障害年金 2017/12/17
障害年金用『癌の診断書』を病院へ受取りに行った不調の日 - 今日のエッセイ 2017/12/16
「病院の選び方」次第で人の命が左右すると実感!大学病院の失態で転院を後悔 - 今日のエッセイ 2017/12/16
飲むとガスでお腹が張る「セイブル」をやめてみたけど - 今日のエッセイ 2017/12/15
松屋の「鶏ささみステーキ定食」をポテトサラダ付きでテイクアウトしてみたら... 2017/12/15
【食後の葛藤】後遺症の「お腹の張り×低血糖」はどっちを選択? - 今日のエッセイ 2017/12/14
遅い「診断書」の理由が判明 - 検査結果の日 - [今日のエッセイ] 2017/12/14
Amazon『福袋』が開催中!最大80%オフ「ファッションセール」は術後の衣替えに便利かも 2017/12/13
【胃腸の日】胃の続く不調は「癌の危険信号」かも? - 今日のエッセイ 2017/12/12
居酒屋風「納豆キムチ炒飯」を炊飯ジャーで作るヘルシーレシピを考えてみた! 2017/12/11
【術後の栄養補給】DHCサプリ・健康食品など『最大69%OFFセール』が開催中 2017/12/11
術後に心配なチャーハンは工夫次第!面白い「炒飯のレシピ本」を発見 - 今日のエッセイ 2017/12/11
【最終日】Amazon「サイバーマンデー」セールの目玉商品まとめランキング!(~12/11) 2017/12/11
がんブロガーさんは自由にブログを書くべきだ【閲覧者のマナー】 - 今日のエッセイ 2017/12/10
食いしん坊にオススメの大根のお粥 × 豚肉の卵とじ【今日のごはん】 2017/12/09
【卵とじ レシピ】 - 豚肉 の 半熟卵 煮 - はお酒のおつまみにも最適♪ 2017/12/09



 スポンサーリンク


 カレンダー別記事

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 サイトマップ
 FC2 ブログランキング

[ジャンルランキング]

ブログ
97位


アクセスランキングを見る>>


[サブジャンルランキング]

社長ブログ
2位


アクセスランキングを見る>>
 コメント



 スポンサーリンク



 検索フォーム