今年も【癌 患者 数】が100万人突破の予測 | 国立がん研究センター

By




スポンサードリンク


術後1996日目。5年5ヶ月16日目です。


おはようございます。



昨日は、体重激減の影響のためか、まともな食事は朝ごはんのみ。久方振りに白飯を食べてみると、間髪を入れず足のふくらはぎに痛みが(汗)すぐにダウンし、その後はまったく食事が出来なくなりました。


 関連記事  胃がん術後の体重減少は手術に原因が!?再発や5年生存率との関係も


今日の体重測定がとても恐怖でしたが…


今朝の体重47.2kg。


前日比+500g。


まったく意味がわからない(汗)


無理して食べても減る体重が、何も食べてない時には増えたり…。


この、体調の把握を不可能にさせるかの如く、日々の不可解な波が、私を苦しめているのです(~_~;)


悪戯にストレスは溜まる一方。本当に、気がおかしくなりそうです(汗)


そんな悶々とした気持ちで朝の新着ニュースを見ていると、癌に関連した、こんな記事が出ていました。



スポンサードリンク


がん患者数が今年も100万人を超える予測/国立がん研究センターの公表で

国立がん研究センターが、去年に続いて今年も国内の新たに癌と診断される患者数が100万人を超えるとする予測を公表したようです。


「予測」というのは、その年における全国データをまとめるのに4年~5年程度かかるため。過去のデータをもとに、毎年がん患者の数を予測する訳です。


その予測によると、今年1年間で新たに癌と診断される患者は、男性が57万5900人で女性が43万8100人。合わせて101万4000人と予測され、去年よりも3800人の増加。2年連続で100万人を超えるものとみられています。


癌の部位別では以下の通り。


2017年度 新たに『癌』と診断される予測数(男性、種類別)
癌の種類予測数
①胃がん9万400人
②肺がん8万6700人
③前立腺がん8万6100人
④大腸がん8万5500人
⑤肝臓がん2万7000人

2017年度 新たに『癌』と診断される予測数(女性、種類別)
癌の種類予測数
①乳がん8万9100人
②大腸がん6万4000人
③胃がん4万2400人
④肺がん4万2000人
⑤子宮がん2万8100人

さらに、癌の死亡者数については男性が22万2000人、女性が15万6000人。合計で37万8000人とみられ、去年に比べるとおよそ4000人の増加が予測されています。


今年の特徴としては、男性で最も多かった前立腺がんが3番目になっていること。癌をめぐる状況も刻々と変化しているようです。



Yahoo!ショッピング
無料
(2017.09.21時点)
posted with ポチレバ



ご飯を炊いてカレーを作りました

朝ごはん。


今朝はご飯を炊き、頑張って食べることにしました。



殺菌効果で話題の「酢」を入れて炊きました。


久方振りでカレーを作り置きすることに。



大好きなソーセージを大量に(汗)



にんにくで、甘みが美味しい玉ねぎと一緒に炒めて



じゃがいも、人参を追加。今回は普通のシンプルなカレーです。


 関連記事  絶品 ! - 糖質制限 - カレー の作り方・レシピ | 永久保存版


しっかり焼き色が付くまで炒めれば



煮込み時間は短く済みます。



隠し味にはウスターソースを。カレールーは、今回も半量に抑えました。


 関連記事  カツカレーが人気!【松乃家】のカレーソース | ファストフードの隠し味を解明!



完成!



実食。



糖質・カロリー。


糖質カウンター 簡単に糖質を測れるアプリ


 アプリのダウンロードでお得なクーポンをゲット!(9/26まで) 




もやしのクミンスープ



きゅうりの即席漬けと一緒に。



カレーはやっぱり美味い!


本日も素敵な1日を。


love.

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply