下痢、低血糖、寒気...胃がん術後5年6ヶ月10日目は最悪な1日でした

By




スポンサードリンク


胃がんの術後2020日目、5年6ヶ月10日目の食事記録。


朝ごはん


う…。


朝から寒さで震える(汗)この気温の下がりようは体がまったくついていけません。おまけに、起きたらひどい低血糖。ご飯を炊くつもりでしたが、断念。手軽に作れるメニューに切り替えました。



かぼちゃのすいとん汁を作った。



すいとんといえば、かぼちゃとの組み合わせが多いのですが、なぜか。



それは、私が持ってるレシピ本が「かぼちゃのすいとん汁」となっているから(汗)



まあ、美味しいので。毎回かぼちゃで作ってしまいます(汗)


食べ終わってから、あることに気付く。


やべっ!体重計るの忘れた!



スポンサードリンク


昼ごはん



絶え間なく続く低血糖でご飯すら炊けてないので(汗)止むを得ずインスタントラーメンで担々麺を。



最近、インスタント麺が消化できるようになったと感じてから、気軽に食べてしまう傾向が。


しかし、この日は別でした(汗)寒さと低血糖のせいでしょうか…



美味しかったけどなあ…。その後、お腹の調子が悪くなり、下しまくり(汗)何度トイレに行ったか数えきれません(-。-;


補食タイム


お腹を下しまくったせいか、さらに低血糖がひどくなる。危険を感じたので、珍しく補食をとることにしました。



油揚げのラスク。簡単なのに、作ったのは久しぶり。


レシピはこちら


晩ごはん


相変わらず寒気と低血糖が続く。とりあえず体を温めねばと思って気力を振りしぼり、カレーを作ることに。



ちょうど気温が低いので、カレーの作り置きに向いてると思いました。



今回は、かつおだしで「お蕎麦屋さん風」。


術前はドロドロのカレーが好きでしたが、今はカレー好きの私でも食べ過ぎるとダンピングが起こるので、スープ風に作るのが定跡。



カリカリに焼いた食パンを浸して食べることにしました


しかし…


1日中お腹を下してばかりいて栄養が欠乏してるせいか、どうも物足りなさを感じる(汗)


もっと食べられるのでは?という思いが食後も払拭できず、おかわりをしてしまった。



ハンバーグカレー。


食べ始まると、瞬時に目まいが。もっと食べられそうだという予感は、気のせいだったようです(汗)


まとめ


「るいそう」が進行しているためか、今年は寒さがとても身に染みる。体が冷えきると、低血糖にもなりやすいのかも知れません。最悪な1日でした(汗)


今年の冬を普通に乗り越えるのは、たぶん無理そうです…


love.

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply