【癌、冷えとり】つらい手術後・足先の冷えにケアシューズがなぜ人気なのか分かった気がします

By




スポンサードリンク


胃がんの手術後、つらい足先の冷え・冷えとりの悩み


胃がん術後2025日目、5年6ヶ月15日目です。


癌 冷えとり つらい手足の冷え


皆さんもご承知のとおり、今とても寒い。まるで真冬並みのようにさえ感じます(汗)


今朝の体重48.0㎏。


かなり厚着してますが、体重測定に影響してそうですね。


寒くて脱げないし...


どんなに着込んでも、体の末端までは温かくなりません。
手や足先が氷のように冷たくて、とてもつらいです。


うう...


ところでこの私、実は「靴下」が苦手なんです。
履くと何となく頭がボーっとするというか...。
とにかく、そんなことで、出先ではカジュアル・ビジネスを
問わず、最低限のスニーカーソックスや裸足履き。
真冬でも素足のまま過ごして来ました。


当然ながら、スリッパも苦手。動きにくいので、部屋では
スリッパも履きません。


しかし、今シーズンはどうしたものか。
素足で過ごすのが無理そうです。それだけ体が弱っていると
いうことでしょうか(汗)


部屋の床が、まるで、真冬にコンクリートの路上を裸足で
歩いているかのように冷たく感じるのです...。


さすがに、クローゼットに眠っている冬用の靴下を引っ張り出し、
履いてみたのですが...。



スポンサードリンク


靴下を履いてみても、氷のように冷たくなった足はなかなか
温まらないものですね(汗)逆に、不慣れな「モコモコ感」が不快
にさえ感じてきて。思わず脱いでしまいました。どうも、自分には
靴下との相性があまり良くないようです。


ケアシューズ


クローゼットで靴下を探した時、こんなものが出てきました。


ケアシューズ あゆみ


ああ。これか...。


「ケアシューズ」です。がんセンター内のコンビニで買いました。


実は、がんセンターへ行くたびに、品揃えが豊富な介護用品や
ケアグッズを散策するのが密かな楽しみで...。色んな工夫がされた
商品を見ていると、なるほどなぁ~って。


こちらのケアシューズ。たまたまテレビで「動きやすい部屋履き」
として人気があることを知りました。がんセンターで見つけたので、
とりあえず買ってみたのです。結局、使わずにクローゼットの奥へ
しまい込んでましたが(汗)


「これって、いま履くのにちょうど良いのでは?」


ものは試しに、今朝から履いてみました。


まとめ


使ってみた感想。


①動きやすい


シューズ型なので、スリッパよりも動きやすいです。
素材も柔らかくてとても軽量。マジックテープで固定されるので、
思ったよりも安定した履き心地です。


②通気性が良く、むれない


メッシュタイプなので足がむれにくく、通気性が良い感じです。
靴下のように頭がボーっとしないので、私にはピッタリですね。


③温かい


軽量で通気性も良いのに、履いててとても温かい。素材に
何か工夫が施されているのでしょうか?


④洗濯機で丸洗いできる


洗濯機で丸洗い出来るので、長く使用できそうですね。




興味本位で買ったものが、今さらこんなところで役立つとは...。






関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply