【今日のエッセイ】胃がん術後の後遺症を抱える体と付き合うことの苦しみ

By




スポンサードリンク


胃がん術後2034日目、5年6ヶ月24日目のエッセイ



今朝の体重48.0kg。


昨夜はすき家の新しい期間限定メニュー「和牛すき焼き丼」を食べてひと眠り(撃沈ともいう)してから、やり残したことを徹夜で行なうつもりでした。


»一度はゼッタイ食べてみるべき、すき家の期間限定新メニュー「和牛すき焼き丼」!


しかし、台風22号の影響なのか、雨が強くなり気温もだいぶ下がったようで…


体を冷やしたのか、お腹の異常な張りで苦しくて目が覚めたのです。


その後は最悪でした。



スポンサードリンク


目まい、お腹の膨張感の苦しみ


私の胃がん「術後後遺症」の悩みのひとつに「腹の張り」があります。胃の切除をすれば誰にでも起こり得る症状ですが、尋常じゃないくらいに膨張するのです(汗)


一度、がんセンターの主治医に言われたことがあります。


「君の場合はたぶん詰まりはほとんど起きないと思う。その代わり、下のほうで苦しむかも知れないよ。」


今になって、その理由を問いただし、理解しておけば何らかの対応策を考えられたかも?と思ったときには既に手遅れ(汗)


»胃がんの症状 | 後悔する前に知っておきたい進行胃がんの症状とは?


お腹のあまりの膨張感に痛みを感じて我慢が出来ず、トイレへ行ったのですが、スッキリ出来ない(汗)結構、いつものように何度も何度もトイレへ駆け込むことに。


»胃がん【術後 の 旅行】について | 宿の決め方や旅先での注意点について最低限知っておくべき5つのポイント


うう。何にも出来ない(汗)


寒さのせいか、あの「和牛すき焼き丼」が一気に腸に流れ込んだ消化不良のせいなのか…。


原因は分からず仕舞いでしたが、そのうち急激な目まいが襲って来ました。トイレで踏ん張り過ぎるとたまに起こる症状です…。


だんだん酷くなってくる。これって低血糖やダンピングなのかもよく分からず(汗)


何とかしなきゃ…


腹の張りと目まいを同時に治すには?


考えたのは、無茶とも思える「食事」でした。食べることで中からお腹を温めつつ、上から食べものを入れることで腸に溜まってるものを押し出そうという作戦。


夜食に無理矢理カレーラーメン



カレーとインスタントラーメンを使い、汁がなくなるまでよく煮込む。カレーラーメンを作りました。


この状況で食事をするのは腸閉塞の危険があるので心配でしたが、とりあえず食べました。


ただし、今回は「セイブル」は服用せず。セイブルの副作用として「腹部の膨張感」があるとされてるからです。


食後は血糖値の乱高下に耐えられず。結局、やらねばならぬことが一切できずに寝てしまいました。


ヤバい(汗)


今日も不調は続く


再び目が覚めたときには何か状況が変わってることを期待。


しかし、何も変化なし。起き上がると、重力の影響で再び腹の中のガスが暴れ出す(汗)


目まいも酷いし食事もできない。苦しみながら1日がスタートです。


やらねばならぬことが出来ぬことでストレスは溜まるばかり。


胃がんの術後後遺症を抱えた体と付き合っていくのは芯から疲れます。本当に。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply