【今日のエッセイ】生きる意味 - 後編 - 胃がん術後 5年 6ヶ月 27日目

By




スポンサードリンク


胃がん術後5年6ヶ月27日目


胃がんブログ 胃がん術後5年6ヶ月27日目


前回の続き。


 関連記事  【今日のエッセイ】生きる意味 - 前編 - 胃がん術後 5年 6ヶ月 26日目


食べて、寝て、起きる。


胃がんの手術後は、胃の全摘などによって内臓が「単純化」したせいでとてつもない不快感に襲われる。


寝て起きたときにやってくる、脳貧血、低血糖、動悸、寒気...。


頭が上がらない、気が遠くなって行くような感覚。おまけに、昨夜は禁止してたビールを飲んでしまったせいで、アルコールで力が抜けていく脱力感が半端ない(汗)


胃がんの手術を行なう前は、胃がなくなることによってそれなりのリスクはあるとしても、術後にこれほどつらい苦しみを伴う生活が待ち受けているなんて考えてもなかったのです。


ただ、もしこれが分かってたとしても、「手術」をするより他に道はなかった訳ですが...。



スポンサードリンク


「生きる意味」が見つからない


「胃がん」になる前。健常者のころは、日常生活のなかで特に自分の「人生」を本気で見つめ直すようなことはあまりないまま、世間の敷かれたレールに乗って日々生きていく。自分もそうだった。


ところが、「胃がん」になってからは、いやがおうにも自分の人生というものを見つめ直さなければならなくなる。


「やり残したことはないか?」、「後悔しないためには?」


今まで考えたこともなかった「死」というものが突然、現実問題として直面したからだ。


よって、胃がんの発症後は普通なら考えないことまで考えることになり、とても思慮深くなった。


なんとか、これからの人生を「プラス思考」でとらえ、「こうしたい」からまだ死にたくない、とか、自分の「夢が実現できてない」からあきらめる訳にいかない、などと、「生きる意味」というものを必死に探すことになる。


しかし、こうしたいから、ああしたいから、などど考えても「生きる意味」などは見つけることが出来ないのです。


「欲望」や「夢」などは、たまたま自分が身を置いている時代の「社会」が作り上げた「虚像」に過ぎないのですから。すべてが虚像と考えると、何も心配なく生きていた健常時にだって、生きる意味なんて見つけられなかったと思う。


結果的に、こんなことを考え始めると結論が出ず、不安が募るばかり。「絶望感」というものを一度は味わうことになるのです。


自分の場合、元気な時は人並み以上の生活や贅沢をひと通り味わったこともあり、「欲望」などの社会が作り上げた虚像的なことについては何ら悔いがない。逆に、何にも欲や悔いがないことが「生きる意味」を見出すのをさらに難しくしたのかも知れません。


「生きる意味」というものを、いくらプラス的な方向で考えても「絶望感」しか生まれない。この辺が、癌の手術後に「うつ病」を発症することが多い原因でもあるように思います。


したがって、「生きる意味」を見つけるなら「義務感」という側面で探すしかないのか。


結婚してる場合は、「配偶者のために」とか、子供がいる場合は、「まだ幼い子供を残して死ぬ訳にいかない」とか。


自分の場合は、結婚というものに無頓着だったし、長年同棲生活をしてた彼女ともたまたま胃がん発覚前に別れていたこともあって独り身。なおさら「生きる意味」が見つからない。


「胃がん」は「生き甲斐」を奪い去る厄介な癌


さらに厄介なことは、「胃がん」という癌の「部位」的な問題だ。


「生きる意味」を「生き甲斐」に置き換えてみる。生き甲斐を見つけようとすると、「食」の楽しみがあればまだしもか。しかし、「胃がん」は、人間が社会生活を営むうえで重要な部分を占める「食」の楽しみさえも許してくれないのです。


まとめ/現代社会における人間の「幸福」とは


「生き甲斐」をまったく見出せないこの私。健康にまったく心配のない人と会話をしていると、異常なまでに「温度差」を感じるようになりました。


「昔は自分もそうだった。」何も先行きの心配を考えずに毎日暮らしてゆける人を見ていると、ストレスが溜まります。


昨夜も、話しをしていた親族との会話でストレスが払拭できず、怒鳴り散らしてしまいました。現代社会において、人間としての「幸福」とは、何も考えずに生きていけることなのかも知れません。


唯一、私が「生きる意味」を見出すとするならば、数千万円以上の損害を加えられた者に対してまもなく始める「裁判」のことくらいか。これだって、結局は悪事をはたらいた者を許さない、という「正義感」によるもので、「生き甲斐」とは縁遠い。


「生き甲斐」がない人生を生きていくのはつらいことです。


今朝の体重46.6㎏。


体重激減。ストレスは、なお続きます。


今日から「11月」。「おついたち」が後ろ向きな話題となってしまいました(汗)


本日も素敵な1日を

関連記事

Comments 4

There are no comments yet.

M  

Re:

コメントありがとうございます。

体調が思わしくないせいか、何となく鬱っぽい状況が続いてますが、激励のお言葉を頂き、嬉しくなりました。

少しずつでも生き甲斐を感じていければ良いのですが…。

ありがとうございます。

>毎日拝見しています。
>11/01のブログを見て心配になりました。
>
>
>私も昨年2月に胃の全摘をしました。
>昨年は体重激減に伴い、辛い日々を過ごしました。
>自営業でお客様が待っているため、術後直ちに仕事を再開しましたが、
>根性が無く立ちくらみや体の不調で弱っておりました。
>今年になって、徐々に安定する日々が多くなって来ています。
>体重は減ったままです。
>
>
>貴殿のブログに関心しています。
>偉そうに聞こえるかもしれませんが、どうか毎日出来る事をクリアして
>小さな事でも生きがいを感じて下さい。
>どうか、頑張っているでしょうけど、これからも頑張って下さい。
お体大切にして下さい。

2017/11/02 (Thu) 12:52 | EDIT | REPLY |   

hisa  

毎日拝見しています。
11/01のブログを見て心配になりました。


私も昨年2月に胃の全摘をしました。
昨年は体重激減に伴い、辛い日々を過ごしました。
自営業でお客様が待っているため、術後直ちに仕事を再開しましたが、
根性が無く立ちくらみや体の不調で弱っておりました。
今年になって、徐々に安定する日々が多くなって来ています。
体重は減ったままです。


貴殿のブログに関心しています。
偉そうに聞こえるかもしれませんが、どうか毎日出来る事をクリアして
小さな事でも生きがいを感じて下さい。
どうか、頑張っているでしょうけど、これからも頑張って下さい。
お体大切にして下さい。

2017/11/02 (Thu) 09:18 | EDIT | REPLY |   

M  

Re: Msama

コメントありがとうございます!

とても嬉しくなるほど、最上の激励。ジーンと胸が締めつけられる思いで読ませてもらってます!

ありがとうございます!

今日は、比較的気温が高いとのことで薄着で外出したのですが、胃がんで痩せ細っていることを計算に入れておりませんでした(汗)

寒さはつのるばかりですが、くれぐれも風邪なを引かぬよう暖かくしてお過ごしくださいませ。

2017/11/01 (Wed) 14:30 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/01 (Wed) 14:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply