【胃がん と 重力】胃 全摘出 手術後 の「大敵」に苦しみ続けた1日 - 今日のエッセイ

By




スポンサードリンク


これって「低血糖」の程度が悪化?つらい目覚め


【胃がん と 重力】胃 全摘出 手術後 の「大敵」に苦しみ続けた1日 - 今日のエッセイ


胃がんの全摘手術をして5年7ヶ月2日目。


朝の体重は47.3kgでした。


今日も目覚めから「低血糖」がしんどい。普段は目まいがメインだったのが、ここ最近は、頭に力が入らなくて「ガクッ」と落ちてしまう…。これって、低血糖の「程度」が悪化してるのでしょうか?


こんな時は、せっかく購入した「血糖値測定器」で低血糖を計測してみたいのに。


具合が悪くて、それどころでなくなってしまうんです(汗)誰か介助してくれる人がいればそんな余裕も生まれるのでしょうが…。



スポンサードリンク


早朝に「例の品」が


ソファーでうずくまりながら、朝ごはんの支度を見計らっていると、早朝に宅急便が。やけに早い時間帯でした。



品物は、昨日書いた「例の品」。あれ!?遅れてるってメール届いたのに…。


やっと混乱も治まったのでしょうか。


 関連記事  ヨドバシ・ドット・コム「配送の遅延」がただならぬ事態に!?


朝ごはん


甘い珈琲を飲んでしばらく休んだら、少し動ける気がしてきたので朝ごはん。



炊き込みご飯、ソーセージともやしのウスター炒め、卵の中華風スープ。


体の負担とならないよう、シンプルにしたつもりでしたが、この後おそろしく「最悪最凶なこと」が待ち受けていたとは…。


「重力」に逆らったせいで?死ぬほどの苦しみ


朝ごはんのあと、相変わらず襲ってくる強烈な「ダンピング」。シンプルな献立なはずなんだけど…


目まいでツラく、ソファーで横になると、ついウッカリ眠ってしまいました(汗)


眠りながら、何度も何度も咳をしていたような記憶が薄っすらと残ってます。


1時間ほどして目が覚める。


「あ!」


知らぬ間に寝てしまったことにビックリ。ソファーから立ち上がると、お腹のみぞおち辺りから腸にかけて「グルグルッ」と何かが勢いよく降りていくのが感じられた。


これは胃がんの胃全摘手術後からよく起こること。


胃と逆流を防ぐための「弁」がなくなったので、食べてから横になるとまるで「タライに入った水」のように体内で食べ物が行ったり来たりしてるのです。


たぶん、寝相が悪かったのだと思います。目が覚めたときには若干の喉の痛みがあったし。


そんなとき急に立ち上がると、単純化された私の体は「重力」の影響をモロに受けるのです。


よほど上のほうまで食べ物が逆流してたのか、下るアクションの激しさでお腹に激痛が(汗)


何となく嫌な予感がしたものの、トイレが我慢出来ずに反射的に駆け込んでしまったのです。


ひどい下痢とガス。


トイレの便座にしゃがんで間もなくすると、こんな時に限って同時に起こる「低血糖」。


急に起こる時は、症状も半端じゃない。しかも、今回はもっと酷かったんです(汗)


汗がボトッ、ボトッと絶え間なく落ち始めたかと思ったら、心臓の鼓動が激しくなり、再び頭がガクッと!呼吸が苦しくなり、上体も起こせなくなりました。


うずくまりながら何とか汗を拭くのですが、トイレットペーパーしかないのでボロボロになってしまう(汗)


息も苦しくて、このまま気を失ったら死ぬのかな?と思った。


延々と落ち続ける大量の冷や汗。全身びしょ濡れですが、何も出来ないままなのか…。


そこで、力が入らない頭を無理矢理手で持ち上げ、壁を伝いながら遠いキッチンまで何とか歩いて行きました。


やっと辿り着いたところで、キッチンペーパーで汗を拭き取る。しかし、汗が止まらないので少しも拭えない(汗)


こんなときに何を考えたか。


汗が噴き出してるところを「記念撮影」しようと思った。アホですね!



しかし、頭を手で押さえてる状態で、眼鏡も汗で濡れてしまい、目が染みる。あとで確認したらピンボケでした(汗)


あまりに酷いためか、甘い珈琲飲んでも効果なし。ならばバナナを、と。1本、2本、3本…。何と5本!食べたところで汗がピタリと止まりました(~_~;)


一体、今まで何だったんだろう…。


たぶん、急に立ち上がったことで、重力によって逆流してた食べ物が腸に戻って行くスピードが早くて「ダンピング」と同じような症状が生まれたんじゃないか?と思いますが(汗)


本当に危ないところでした。同時に、「重力」は胃がんの全摘出手術後は非常に危険な「大敵」だと痛感したのです。


昼ごはん


その後、寒気と目まいで朦朧としてて何時に食べたか記憶にありませんが(汗)たしか夕刻過ぎだったと思います。


あんなにバナナを食べたので食事をやめようと考えましたが、あれだけ糖分をとると、いずれまたガクンと低血糖がやってきそうなので…。



炊き込みご飯を使って、簡単なチャーハンに。



味付けは、マヨネーズと塩、こしょう、かつお節、梅肉で「梅マヨかつおチャーハン」。



ちょっと作り過ぎちゃいまして(汗)


体調不良のときは何とか戻さねば、と反射的にたくさん作ってしまうクセがあるようです。


時間はかかるも、何とか完食したのです。


過度な「義務感」はやめました/目まいで苦しみながらひたすらブログの更新


食後は案の定、強烈な目まいがやって来ましたが、今度は恐くて横になる訳にいかない(汗)


気を失わないよう無理矢理デスクに腰かけ、朦朧とした頭でひたすらブログを書き続けることにしたのです。


こんな辛いときは、気持ちが後ろ向きになるような「癌の話題」は書きたくない。自分は多趣味なほうなので、好きなことや興味のあることなど、とりとめのないことをひたすら書き続けることにしました。


畑違いなので、文章を書くのに難儀な思いはしたけれど、結構書けるものだ。


自分は「癌のランキングサイト」に登録しているので、メインで書いてるのは「がん」のこと。


当然ながら、ランキングサイトを見たり訪れたりしてる人達は、「癌の情報」を求めている、現在進行形で癌と闘病中の人がほとんどなのだと思っていた。


よって、あまりがん以外の話題を書くと、訪れているがん患者の人達に悪いのでは?と考えて来たのです。しかし、実際のところは、ランキングサイトを見たりしてる人のほとんどが「ブロガー」。簡単に言えば、「同業者」ばかりだということを知りました。


たしかに、私も癌になりたての頃はランキングサイトなどは見たり聞いたこともなかったし、調べものがあればGoogleで検索すれば普通に出てくる。実際、私のブログも今ではランキングサイトよりもGoogleなどで検索して直接訪れてくれる人がほとんどなのです。


そんな訳で、何も気兼ねなく好きなことを書いてみることにしたのです。まあ、暗くなることばかり書いていても仕方ないし、楽しくないことは長時間書き続けられませんから(汗)


おかげで、良い気分転換になりました。これから、訳の分からぬネタばかり更新されていたら、「嗚呼。また具合が悪いのだな」と思って頂けると助かります(汗)


晩ごはんは食べられず


今日は結局、朝から下痢のし通し(汗)おまけに、昼ごはんのあとは長時間椅子に座っていたのにも関わらず、消化が思うようにいかなかった…。


こんな状態であまり無理すると、また変な症状が現れるので、悩んでるうちに結局、晩ごはんは食べられず仕舞いになってしまいました(汗)

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply