肺腺がん の ET-KING いときん、レコーディングに参加!「まだまだ作品を残したい」

By




スポンサードリンク


ET-KING新曲に肺腺がん闘病中のいときん参加


1年2ヶ月ぶりの新曲「こっちこい」が11月22日、配信限定でリリース化が決定したヒップホップグループのET-KING。


懸案とされていた、8月に肺腺がんステージ4を公表したリーダーのいときんさん(38)でしたが、レコーディングには無事参加された、とこちらのET-KING新曲に肺腺がん闘病中のいときん参加「まだまだ作品を残したい」という記事になっています。



スポンサードリンク



病気療養のためライブ活動を休止しているいときんも、「自分の音楽、哲学に向き合い、まだまだ作品を残したい」という思いのもと、レコーディングに参加。グループ全員で歌い上げた曲で、グループの今の「声」を届ける。


癌の闘病で苦しみながらも、人間の生命を超越したいときんさんのミュージシャンとしての志の高さ・思いが伝わってきて、胸が熱くなりました。


癌などには決して負けず、今後もたくさんの名曲を残していってもらいたいです。



関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply