TBS・日本有線大賞 が放送終了!視聴率低迷で「50年」の歴史に幕を閉じることに

By




スポンサードリンク


「日本有線大賞」放送が今年で終了!有終の美を飾る候補者が発表


12月4日にTBSで放送予定の「第50回 日本有線大賞」。記念すべき50回を迎えるわけですが、何と、今回で最終回になることが明らかになったと、こちらの「日本有線大賞」放送が今年で終了!有終の美を飾る候補者が発表という記事になっています。



スポンサードリンク


ちなみに、「第50回日本有線大賞」の各賞受賞アーティストは以下の通り。



【有線音楽優秀賞】

AKB48
大月みやこ
欅坂46
天童よしみ
西野カナ
乃木坂46
氷川きよし
三浦大知
水森かおり
三山ひろし
(50音順)

【新人賞】

つばきファクトリー
NOBU
半﨑美子
(50音順)

【有線大衆賞】

市川由紀乃
JUJU
(50音順)

【有線奨励賞】

木島ユタカ
中澤卓也
松原健之
(50音順)


最近、立て続けに各局の長寿看板番組の終了が発表されてますね。今回も、終了の要因は「視聴率の低下」。昨年は平均視聴率9・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、2桁に届かなかったことがトドメとなったようです。


 関連記事  「とんねるずのみなさんのおかげでした」と「めちゃイケ」が来年3月で終了へ


しかし、放送は終了しても、賞自体は主催側の「全国有線音楽放送協会」が今後も継続させていく見込みとのこと。


たしかに、私自身も近年は観た記憶がありませんが...。子供の頃から馴染みのある番組が終わるのは何とも寂しい気がしますね。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply