なぜ脳貧血?胃がん宣告前より激しい症状で寝たきりな1日[今日のエッセイ]

By




スポンサードリンク


なぜ?目覚めの「脳貧血」でダウン


なぜ脳貧血?胃がん宣告前より激しい症状で寝たきりな1日[今日のエッセイ]


胃がんの術後5年7ヶ月と21日目の備忘録。


朝の体重48.3kg。


最近、目覚めがおかしい。この日も目まいが強く、立っていると脳から血の気が引いていくような感覚が起こる。しだいに後頭部が痛くなって来て、何度もひっくり返りそうになった(汗)


「これって、明らかに貧血の症状だよな。胃がんの宣告前に起きた貧血よりひどいんだけど…。」


結局、起きていることが続かずダウンしてしまった(汗)


このままだと、いずれ起き上がれなくことさえ出来なくなる時がやってくるのでしょうか?



スポンサードリンク


デカおにぎりで撃沈


遅い朝ごはんになってしまった。具合が悪くても、食べ続けなきゃ「低血糖」がやってくるからつらい。



食欲がまったくなし。カレーうどんにして気分転換してみた。



これだけで良いはずだけれど、何だか「もの寂しさ」を感じてしまう。食欲と、食べようとする行動が一致してないのがある意味おそろしい…。これは「胃全摘」の後遺症のひとつだと思う。胃がないと、自分が食べられる感覚がまったく分からなくなる時があるんです。



なぜか、おにぎりまで作ってしまった。炊き込みご飯もこれで完食だけど、中途半端な量が残ってしまった関係でやけにデカい(汗)



無理して全部食べたけど、撃沈。食後の記憶はまったく残ってません(汗)


今日も「お餅」に助けられる


結局、この日はずっと頭が上がらず。ほとんど寝たきりでした…。


何とかせねば、と2食目。ずいぶん遅い時間でしたが、いちおう「昼ごはん」のつもりでした。



食欲増進に、キムチで辛めのスープを。元々、うちの家系はお国柄?辛いものを好む傾向にあり、胃が無くなった今でも変わりません。食べられちゃうんだよなぁ...。胃が無くても辛いものが(汗)



頃合いをみて、「お餅」を入れる。最近、これに助けられてるなぁ…。


 関連記事  胃がん、免疫力低下で?「暖房」開始に「お餅」の食べ始め - 今日のエッセイ



ちょっと辛くなり過ぎたので、チーズで中和した。



仕上げに卵を落として完成です。



餅入りキムチスープ。適当に作ったけど、なかなか美味しかったです。


「時短レシピ」さんまの蒲焼缶で炊き込みご飯


夜はまったく動けず、食事の準備すらできなかった(汗)ご飯を炊かなければと、やっと深夜に行動を起こす。やっぱりもう一度「炊き込みご飯」かな。


食欲がない時は、おかずなしでもまかなえそうだし…。



以前買ったKindle本を観て、何か手軽に作れそうなレシピを考える。すると「さんまの炊き込みご飯」が美味しそうだ。


さんまなんて買ってないけど。実際、下準備も大変だよな…(汗)


しかし、うちにはたまたまコレがありました。



さんまの蒲焼缶。



これを使えば簡単に「さんまの炊き込みご飯」が作れそうです。さっそく試してみることにしました。


レシピは、ずっと放ったらかしにしてるこちらのブログのほうに書きました。



こんな感じ。時短で「さんまの炊き込みご飯」がとても美味しく作れましたよ!


しかし、これが出来たときは夜明け前。ほんの試食程度にしておきました(汗)


今日は最悪の体調だったな…。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply