【医師への差し入れ】贈り物で喜ばれる品・嫌われる品と選び方やTPOのまとめ

By




スポンサードリンク


【医師への差し入れ】贈り物で喜ばれる品・嫌われる品と選び方やTPOのまとめ


胃がんとなった私が「医師への差し入れ」を始めた経緯


昨日は、私の胃がんが発覚して以来ずっとお世話になっている主治医へ「差し入れ」するための品を買いに、デパートまで行って来ました。



 関連記事  術後の後遺症に苦しむ「底冷えの1日」に主治医の差し入れを - 今日のエッセイ


私の場合、胃がん宣告時は「手術不能」の状態にまで癌が進行。まさに手遅れな状況でした。


そんな私をみて、医師は言いました。


「君はまだ若すぎるから、何とか生かしてあげたい。」


それ以来、私と主治医とのお付き合いが始まり、同時に「癌との闘い」も開始されたのです。


そんな縁もあってか、苦しみながらも何とか「根治手術」までこぎつけることが出来ました。


私は、仕事で営業的なこともしてましたので、大事な初対面の相手や取引先に対して「贈り物」をする習慣が染みついてます。


よって、私の命を救ってくれ、これからも長くお世話になる医師に何か贈り物をしたい、と考えるようになったのは自然な流れでした。俗に言う「差し入れ」のことですね。


私は、差し入れによって「便宜を図ってもらおう」などという気持ちはさらさらありません。手術不能となった自分の命を預ける訳ですから、今まで培って来た人生経験を元に、生きてるうちは精一杯の努力をし礼儀を尽くして行こう、と考えたのが素直な気持ちでした。


また、仕事では長年のあいだ要職の地位にあったため、ビジネス相手も社長クラスがほとんど。贈り物によって礼儀を尽くすという発想は、わたしの中では当たり前のことでもあったのです。



スポンサードリンク


医師への差し入れは意味があるの?患者として一番嫌われるタイプは?


人によって考え方はさまざまですが、私自身は次の点でとても「意味があること」でした。


①自分という「人間」を覚えてもらえた。
②人間同士の付き合いをしてもらえた。
③親身になったことで、医師にとってはリスクを伴う治療をしてもらえた。
④ざっくばらんに、いろんな相談が出来るようになった。


「差し入れ」とは話しがそれますが、「患者として一番嫌われるタイプ」はどんな人でしょうか?


それは、「消費者目線」で、何でも一方的に注文を押し付けたり、やたら文句や質問をしてくるタイプの「勘違い患者」です。


どの世界でもそうですが、お金を払っているのだから、と上から目線で医師と接すると嫌われます。何か商品を購入する場合と、病院で医師に命を預けることではまるっきり話しが違うことを認識しましょう。そんな態度で接して、十分な治療を受けられるとは到底思えません。自分がされて嫌なことは、相手にもしないように心がけましょう。


差し入れは病院の誰にするべき?


もちろん、差し入れは一番面倒をみてくれるキーマンである「主治医」にするべきです。ビジネスで言えば「社長」ですね。


「ナースステーション」や「看護師」に渡す人がいますが、無意味です。


一昨年、私の母親が亡くなりました。母親が入院していた病院のナースステーションに、人気店のどら焼きを差し入れしたことがあります。適当に扱われたうえ、私の名入りの「のし」が30秒でゴミ箱に捨てられました。よって、誰からの差し入れかも分からない感じで食べられてしまいました。これがビジネスの場であれば、社長に渡さず平社員に差し入れしたようなものだ、と痛感したのです。


ちなみに、私の治療先の病院は「国立がんセンター」。当然ながら、金銭的なことは一切NGです(私の父親が同じく胃がんになりましたが、手術前、母親が主治医に30万円ほど渡していたのは古き良き昔の話しです)。あと、よくナースセンターなど、一定の「組織」あての差し入れは禁止している病院も多いですし、頑なに拒否するケースも多くなっています。


たびたび入院した時は看護師さんにも随分とお世話になりましたが、看護師さんはローテーション勤務なため、自分が差し入れした時はお世話になった看護師さんがいないことも多い。一度差し入れしたことはありましたが、そもそも受け取ってもらえませんでした。


ただし、主治医も然り。拒否される可能性が高いため、あくまでも「個人的に」と念を押し、いつもこっそりと差し入れてます。この辺のマナーにも、贈り物の経験値が現れるものです。


差し入れはいつ贈るべきか?


私の場合のように、毎回渡す必要はありません。しかし、日本で「お中元」や「お歳暮」という風習があるように、自分なりにポイントどころと感じた時には忘れずに差し入れしたいものです。


差し入れで喜ばれる品、嫌われる品


では、差し入れはどんなものを贈るべきか?


これも、自分が「相手の立場」になって考えてみたり、「病院というTPO」を考えれば分かることですね。


まず、相手にとって迷惑なのが「食べ物系」。そもそも、衛生面が大切な病院という場所で不衛生な食べ物を患者から差し入れされて医師が喜ぶとは思えません。大病院であればあるほど迷惑でしょう。


さらに良くないのが、病院側の人数を考えて小ぶりに分けられた和菓子や洋菓子の詰め合わせなどを渡すケース。賞味期限があるから最悪です。大きな病院ではしっかりと組織が分かれてますし、患者からは何も受け取ってはいけないというルールがある病院も多いです。こんな物をあなた以外からも大量に贈られてるかも知れない医師の気持ちや、禁止されている以上、まわりにもおすそ分け出来ずに困り果てる状況も考えるようにしましょう。差し入れにもTPOがあるのです。


以上から、私は「お酒」が一番だと考えてます。


なかでも、最適なのは「シャンパン」や「ワイン」など。ビールはNGです。缶が多いとかさ張るうえ、運ぶのにも苦労しますから。


もし、医師がお酒の飲めない人だったら、ただの邪魔なゴミに変わることでしょう。


その点、シャンパンやワインなら持ち運びし易いですし、医師自身がお酒に弱くても、ご家族から喜ばれる可能性もあります。長期保存も可能ですね。


シャンパン、ワインの賢い選び方


では、シャンパンやワインをお得な方法で賢く選ぶには、どのような方法があるでしょうか。


Amazon(アマゾン)セールをチェックする


大手の通販サイトAmazon(アマゾン)では、定期的にお酒のセールが開催されてます。


» Amazonで毎日開催中の「お酒・タイムセール」をみる


これをいつもチェックしておき、気になった商品があれば購入しておきましょう。他で買うよりもグッとお得です。


しかし、ある疑問が湧きませんか?


ギフトのラッピングってしてもらえるの!?


そんな心配は無用です。Amazonでは、ギフトのラッピングサービスも行われています(一部対象外商品もあり)。


【医師への差し入れ】贈り物で喜ばれる品・嫌われる品と選び方やTPOのまとめ


» Amazon「ギフト・ラッピングについて


ギフトラッピングについて

ギフトの設定の横のボックスにチェックを入れてレジに進むか、注文確定画面の「ギフトの設定」をクリックすると、ギフトラッピングや、のしシールの設定ができます。


ギフトのラッピングをこだわるには!?



有名百貨店のサイトをチェックする


ギフトのラッピングにこだわりを入れたい場合は、有名百貨店で購入するのがオススメです。やっぱり一番人気で喜ばれるブランドは「伊勢丹」でしょうか。


【医師への差し入れ】贈り物で喜ばれる品・嫌われる品と選び方やTPOのまとめ


» 伊勢丹公式サイト・伊勢丹オンラインストア TOP


ちなみに、伊勢丹のような有名百貨店でも、下記のように定期的にお得なセールが開催されてますので、こまめにチェックされることをおすすめします。


» 【伊勢丹】 CHRISTMAS 2017 ~伊勢丹のクリスマス~


» 【伊勢丹】SALE


» 【伊勢丹】ギフト!ギフト!ギフト!バイ イセタン


「シャンパン」の人気ランキング


最後に、「シャンパンの人気ランキング」。


プレゼントするシャンパン選びでのポイントは次の3つ。

• 価格

• 味

• レアリティー

特に重要なのが価格。高ければいいというものではありませんが4000円以上のシャンパンを選ぶようにしましょう。


これを元にしたプレゼントに人気のシャンパンおすすめランキングTOP5は次の通り。


icon-rank-tk02_m01_201712042310144fa.pngモエ・エ・シャンドン ロゼ アンペリアル
icon-rank-tk02_m02_20171204231033458.pngモエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル
icon-rank-tk02_m03_20171204231052a31.pngドン・ペリニヨン ロゼ
icon-rank-tk02_m04_20171204231109552.pngヴーヴ・クリコ ローズラベル
icon-rank-tk02_m05_20171204231125388.pngクリュッグ グランド・キュヴェ

ちなみに、私が購入した差し入れは「ドンペリのロゼ」。


【医師への差し入れ】贈り物で喜ばれる品・嫌われる品と選び方やTPOのまとめ


高価ではありますが、相手に礼儀を尽くす大事な場面では決してケチってはいけません。


【医師への差し入れ】贈り物で喜ばれる品・嫌われる品と選び方やTPOのまとめ


最大限の誠意を示せば、必ず幸運が訪れるものだと私は信じています。






関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply