術後に心配なチャーハンは工夫次第!面白い「炒飯のレシピ本」を発見 - 今日のエッセイ

By




スポンサードリンク


胃がんの術後5年8ヶ月5日目


胃がんの術後5年8ヶ月5日目


この日の体重47.0kg。


最近落ち着いてた足の痛みが再発。この痛みに振り回され続けた1日でした(汗)


朝ごはん


胃がん術後に心配なチャーハンは工夫次第!面白い「炒飯のレシピ本」を発見 - 今日のエッセイ


お粥に卵とじ。足が痛くて、これくらいのオカズしか作れなかった。

結局、料理が出来たのはこれ1回のみ。足が痛くて料理はおろか、ブログを書く集中力さえ奪われてしまったのです(汗)



スポンサードリンク


トイレが近いのは血糖値に異常が!?


この日は朝からトイレ(小のほう)が近い。

自分の胃がんの術後経験では、血糖値が高めな時に起きる症状っぽい。もしかしたら足の痛みと何らかの関係があるのかも知れません(汗)

とにかく足の痛みでジッとしてられないのだけど、落ち着いて料理や食事も出来ない。何か打開策がないかと外に出て、ずっとウォーキングをしていたが改善はしなかった。

でも、外にいる方が若干気が晴れる。


胃がん術後に心配なチャーハンは工夫次第!面白い「炒飯のレシピ本」を発見 - 今日のエッセイ


足の痛みに耐えながら、カフェでずっと読書をして過ごしました。


術前の悪い習慣でひどいダンピングに


帰り道。料理が出来ないっぽいので何か弁当でも買って帰ろうかと悩んだ末、セブンに行き着いてしまった…。


胃がん術後に心配なチャーハンは工夫次第!面白い「炒飯のレシピ本」を発見 - 今日のエッセイ


肉うどん

胃がんになる前は、いつも仕事帰りにセブンでこんな感じのものを買って食べていた。またこんな同じ事を繰り返している。悪い流れだ。

前と違うのは、胃がある頃は肉うどんのほかにナポリタンスパゲッティとカツ丼などを3つくらい同時に食べていたこと。今真似したら、腸閉塞ですね(汗)


パフェを食べてから間を置いたはずなのに、食べた3時間後にヒドイ後期ダンピングが(汗)

たったこれだけなのに…。

風呂に入って出たばかりでのダンピングでした。冷や汗で着替えたばかりの服がびしょ濡れになり、温まった体が急に冷え込む。ホトホト嫌気がさしました。


やっぱり弁当はキツイ


胃がん術後に心配なチャーハンは工夫次第!面白い「炒飯のレシピ本」を発見 - 今日のエッセイ


頑張ってもう一食。懲りずにセブンの豚焼肉弁当

ご飯が固いので半分残した(汗)やっぱり、市販の弁当は自分には無理っぽい。足の痛みを何とかして自炊を再開せねば…。


面白い「チャーハンの本」を発見


しかし、セブンで「収穫」もありました。


胃がん術後に心配なチャーハンは工夫次第!面白い「炒飯のレシピ本」を発見 - 今日のエッセイ


こんな面白い「チャーハンのレシピ本」を見つけたのです。パラパラっと立ち読みしたら、チャーハンのバイブルと呼べそうな内容で、炒飯のバリエーションも豊富だったので買ってきちゃいました。

チャーハンは油を多く使うから胃の全摘後はお腹を壊しそうですが、最近ベビロテ中の炊飯ジャーレシピを組み合わせれば胃無しにも優しいヘルシー炒飯が作れるはず。

 関連記事  明日は胃がんで「6年振りの初診」なので...

白飯よりは、ご飯にアクセントや味がついた方が飽きなくて私には食べ続けやすいんです。

2つのレシピ本を組み合わせて、自分に合ったチャーハンを研究しようと思います。



関連記事