胃がん 予防 に効く「果物」とは? - トピリスト

By




スポンサードリンク


胃がん 予防 に効く「果物」とは? - トピリスト


胃がん予防に効く果物は何か がんにならない食生活#8|ニフティニュース


ビタミンCは単に酸化を防ぐだけではなく、免疫力を高める働きを併せ持っていることも知られており、総合的にがん予防に寄与する可能性が高いと言えそうです。


韓国国民が最も多くかかるがんは?…胃がんが再び第1位に : 政治•社会 : ニュース : hankyoreh japan


韓国国民が最も多くかかるたがんとして、胃がんが再び第1位の座に復帰した。2009年からずっと頻度の高いがん1位だった甲状腺がんは、過剰検診の議論の後に大幅に減り、3位に下がった。全体のがん発生は4年連続で減少を記録している。がんにかかっても5年の相対生存率は71%と、毎年増え続けている。


胃がん発覚から1年が経った赤松真人 ファンへの気持ちをブログで報告 - ライブドアニュース


赤松は「12月15日」のタイトルでブログを更新。「病気がわかって一年です。去年の12月15日に人間ドックで病気が見つかりました。頭が真っ白になった1日だったのを覚えています。あれから一年です」と記した。




スポンサードリンク


転移性胃がんの一次治療としてのサイラムザ+シスプラチン+ゼローダ併用療法、標準治療よりも無増悪生存期間を有意に改善するも生存期間に寄与しない – がん情報サイト「オンコロ」


2017年12月8日、HER2陰性転移性胃がんまたは胃食道接合部がん患者に対する一次治療としてのラムシルマブ(商品名サイラムザ;以下サイラムザ)+シスプラチン+カペシタビン(商品名ゼローダ;以下ゼローダ)併用療法の有効性を検証した第III相試験のRAINFALL試験(NCT02314117)の結果をイーライリリー・アンド・カンパニーが自社のプレスリリースで公表した。


元祖・巨乳アイドル 堀江しのぶ~「スキルス性胃がん」の転移で訪れた23歳の別れ|ニフティニュース


堀江の死因は、がん細胞がびまん性に浸潤し、腹膜播種を招いた4ステージ4(5年生存率10%)のスキルス性胃がんだった。


堀江しのぶさんのことは当時放送されてた人気ドラマ「毎度おさわがせします」で知りましたが、23歳の若さで早逝された報道を目にした時は子供ながらに少なからず衝撃を受けたのを今でも覚えています。




ピロリ除菌で使われる胃薬PPIで、実は胃がんリスクが上昇するという矛盾! |ニフティニュース



「胃がん」の原因はピロリ菌だけとは限りませんが、早めの検査でリスクを回避することはとても大切ですね。


胃がんの原因として知られているヘリコバクター・ピロリ菌(H. pylori)を除菌した後であっても、胃痛や胸焼けの治療に用いられるプロトンポンプ阻害薬(PPI)を長期的に使用すると胃がんリスクが上昇する可能性があることを示した研究結果が「Gut」10月31日オンライン版に掲載された。


関連記事