信頼できるパートナー【ステージ4のがん患者のライフデザイン】とは

By




スポンサードリンク


信頼できるパートナー【ステージ4のがん患者のライフデザイン】とは


がん患者の大きな味方、信頼できるパートナーの見つけかた|ハフィントンポスト


広林依子ブログの読者の皆様へ

広林依子は2017年9月5日に享年29歳で逝去しました。これまで広林の記事を楽しみにして下さっていた読者の方々へ訃報をご連絡しなければならないことを心苦しく感じています。

広林本人の意向により、生前にハフポストへ投稿する予定だった記事を公開します。今回が最後の記事になります。


がん闘病いときん、復帰ステージで見せた衝撃の肉体 - ナニワのベテラン走る〜ミナミヘキタヘ〜 - 芸能コラム : 日刊スポーツ


「肺腺がんステージ4」で闘病中のいときんが、着ていたはっぴを脱ぎ捨て、シャツも脱いだ。上半身裸になった。センコウらは「おいおい、何のスイッチ入ってんねん」とつっこみ、客席からは「うおー」と歓声がこだま。闘病中の上半身は、鍛えられた肉体だった。


がん研チーム:肺がん抑制に新手法 細胞内の輸送役を破壊 - 毎日新聞


胃がんでも同様の効果を確認しており、「新たな仕組みで幅広く使える日本発の分子標的薬が期待できる」としている。



スポンサードリンク


「アルコールは発がん物質」は本当だった―米国臨床腫瘍学会が発表 - まぐまぐニュース!


このほど「米国臨床腫瘍学会」という医学界でも権威ある学会が「アルコールは発がん物質である」として飲酒の見直しを提言、大きな話題となっています。がん予防のためには完全に禁酒するしかないのでしょうか。


【続 消えるがん消えないがん】高価な新薬 命を救う医療と費用対価論(1/3ページ) - 産経ニュース


従来なら一定の効果が証明されている「標準治療」では打つ手がなくなったということになり、緩和ケアを勧められるところだったが、救いの手がさしのべられた。免疫チェックポイント阻害剤「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)だ。


村野武範、ステージIVの中咽頭がんを克服!! 自ら学んだ“がん攻略法”とは | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する


“死”に対する実感がまったく湧いてこないまま、医師の言葉を受け入れるしかないと覚悟を決めた彼だったが、奥さんは違っていた。

「女房は、がん治療について必死になって調べていました。女房の知人が重粒子線治療で前立腺がんが治っているんです。それで、主治医に陽子線治療について相談をしたんです」


関連記事


Tag
がんステージ4末期乳がんブログいときん肺腺がん村野武範中咽頭がん胃がんブログ
Share

スポンサードリンク