【歯の痛み】で高熱・足の痛みと三重苦に - 今日のエッセイ

By




スポンサードリンク


吉宗評判記 暴れん坊将軍 第一部 傑作選(4) [DVD]

吉宗評判記 暴れん坊将軍 第一部 傑作選(4) [DVD]


胃がんの術後5年9ヶ月4日目


今朝の体重47.9kg。


昨夜も悪夢で目が覚めた。汗だくで冷え切った体を起こし、時計を見ると午前4時。がくがくブルブル震えながらテレビをつけると、「暴れん坊将軍」がちょうど始まる。これをボーっと観るのが習慣になってしまった(汗)


今度は原因不明の歯の痛み


しかし、今日に限ってはのんびりと時代劇を観る余裕がない。なぜなら、悪夢でうなされた原因は「歯の痛み」。奥歯の辺りが腫れぼったくてズキズキするからだ。松平健扮する上様が悪党をどれだけ斬りつけても、視界にすら入って来なかった。


高熱足の痛みに加え、今度は歯の痛み。自分にはどれだけの苦しみが降りかかって来るのだろう…。
食事どころではなくなり、久し振りに歯医者に電話。何とか夕方に予約を入れた。


それまでは食事が出来ないけど我慢するしかない(汗)


私の後遺症のことについて


このブログをお読みの方は、私が後遺症で日々苦しんでいるのを見て「胃がんの術後は皆こうなるのか?」と恐怖を抱くかも知れません。


しかし、決してその様なことではありませんのでご安心下さい(汗)たぶん私の場合は胃がんの宣告時に手術が不能なほど重い状況だったことに加え、抗がん剤治療をフルにやり過ぎたこと、健常時から痩せ型低血糖な体質も影響していたのだと思われます。


ですから、このブログで私が苦しんでるのを見ながら「こうならなくて良かったなぁ」と術後の励みにして頂けると幸いです(汗)



スポンサードリンク


半年振りの歯医者


歯医者は半年振りだ。前回はメンテナンスだった。


【歯の痛み】で高熱・足の痛みと三重苦に - 今日のエッセイ


胃がんになる前は、歯医者に通った記憶がないほど頑丈な歯だったのに…。胃がんの術後は虫歯多発のオンパレード歯槽膿漏の疑いまで出て来たので、今回はさすがに怖かった(汗)


結果的には、虫歯じゃなかった。原因がハッキリしないが、バイ菌が入って歯茎に炎症が起きたのではないかということだった。


とりあえず痛み止めの抗生物質の薬をもらって歯医者を出る。麻酔が切れて来たところで何か食べることにした。


パフェ初め


食べるといっても、相変わらず出先ではカフェでスイーツしか食べられない(汗)


2018年パフェ初め


【歯の痛み】で高熱・足の痛みと三重苦に - 今日のエッセイ


アイスココアに、バナナ&チョコレートパフェ
出来ればもう、甘いスイーツは食べたくないなぁ…。


極秘に裁判スタート


最近は風邪薬を飲んでた関係もあり、セイブルを飲んでない。


パフェを食べ、目の前がグワン、グワンとしているところに弁護士からのメール。


プライベートで進めている極秘の裁判がスタートしたようです。


【歯の痛み】で高熱・足の痛みと三重苦に - 今日のエッセイ


【歯の痛み】で高熱・足の痛みと三重苦に - 今日のエッセイ


自分はいつ死んでも良いと思っている。しかし、悪事は罰し、正義を貫き通さればならない。「因果応報」という言葉があるけど、人間、悪いことをしてはいけないし、そんな事がまかり通る世の中になってはいけないのだ。


今年の成人式で大騒動になった振り袖販売・レンタル業者の「雲隠れ」も然り。

このブログでも触れたが、

 関連記事  パブロン飲んだら強烈なえずき×成人式の大騒動

私の予想通り、資金繰りに困って客から預かった前金を使い込んだうえに夜逃げしたとメディアで報じられている。これなんかは「悪事」の最たるものだ。


なぜなら、客の前金を資金繰りに流用しても成人式まで持たないことは経営者なら予測が出来るはず。それならもっと前にいさぎよく法的救済措置を取るべきであり、成人式のキャンペーンなどはすべきでない事は明らかだ。人間として決してやってはいけない「雲隠れ」。これにより、一生に一度の「晴れ姿」を楽しみにしていた新成人の気持ちを踏みにじった経営者は、金員を騙し取った「詐欺罪」として、刑事上の責任を問われることになるに違いない。


ちなみに、昔は「切腹」という、自分の過ちを自らの命を絶つことで罪を償うならわしが存在した。まだ我が国には憲法すらない時代のことだ。


法整備が十分でない時代から、人は「善悪に対する分別」をしっかりと持ち合わせていた。それが現在はどうだろう。現行法上で「自己刑罰」は認められていないが、「オレオレ詐欺」などで人を騙そうとする「悪の心」を持った者や、法律スレスレのところで社会道徳上の悪事を行なう者が平気でのさばる世の中となった。無数の法律が制定され、さまざまな規制によって人権が守られてはいる。しかし、法律というルールに甘え続けた結果として、善悪の判断をはじめとする人間個々人の社会的道徳観念は大きく衰退してしまったように思う。


なお、我が家系の宗派による仏教の教えでは、人を騙す者は死後は地獄に堕ちると説いている。軽い気持ちで、その気にないことを言って男を誘惑し金を貢がせるキャバクラ嬢でさえも、仏教上は地獄に堕ちるほどの重罪とみなされる。


朝、暴れん坊将軍で悪事をはたらいた者に対し、徳川吉宗がこんなセリフを言っていた。


悪党どもよ。地獄に堕ちるがよい


司法の場で正義が公にされれば、私の肩の荷も少しは楽になるはずだ。


関連記事


Tag
吉宗評判記暴れん坊将軍胃がん術後後遺症歯の痛み高熱足の痛み今日のエッセイ胃がんブログ
Share

スポンサードリンク