知っておきたい【がん治療】のリスク - 女性の性的副作用について

By




スポンサードリンク


知っておきたい【がん治療】のリスク - 女性の性的副作用について


【健百】がん治療が女性の性機能にも影響 | あなたの健康百科


同クリニックによると、がんの治療中または治療後にがん治療が原因となる性的副作用のリスクがある可能性について知っておくべきだという。女性で性的副作用のリスクが高いがんは膀胱がん、乳がん、子宮頸がん、結腸がん、子宮内膜がん(子宮体がん)、卵巣がん、直腸がん、腟がん、外陰がんである。


たまに記事で書いたりもしますが、私のような男性でもがん治療の性的副作用には苦しんでいるんですよ...。



がんになってもオシャレをしたいから 私が乳がんのことを発信する理由|ウーマンエキサイト


去年の6月に乳がんで亡くなった小林麻央さんの追悼番組を見ながら何気なく胸を触ったところ、しこりに気づき乳がんが発覚したという装花デザイナーの関尚美さん(34)。乳がんになったとわかってはじめに思ったのは「自分が死んでしまうということよりも、日常生活を送れなくなってしまうかもしれない」ことだったと言います。



「赤肉」が高める大腸がんリスク がんにならない食生活#9 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン


生で食べることのほとんどない赤肉は、焼くか炒めるなど、何らかの調理を施すのが一般的です。その調理の際に、様々な発がん物質が生成される可能性があるのです。



スポンサードリンク


社説 がんと仕事 これも「働き方改革」を | 信濃毎日新聞[信毎web]


一昨年、がん対策基本法が改正され、企業はがん患者の雇用継続に配慮するよう求められた。ただ、努力義務のため企業側に十分浸透していないようだ。

 治療と仕事が両立できる環境とは思わない人は6割を超える(昨年の内閣府調査)。がんと診断された後に3割余が離職したとの調査結果もある。


高校生向けがん奨学金 募集締め切り間近 | 教育新聞 電子版


高校生を対象とした、アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)の2018年度新規奨学生募集の締め切りが迫っている。応募書類の必着は2月28日まで。

奨学金は、次の2種。


「体内時計ががん細胞の増殖を抑制する」との見解が明らかに | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト


私たち人間の身体には、約24時間周期で変化する「体内時計」が備わっており、睡眠や行動、代謝などのサイクルやパターンに影響を与えている。さらに、最近の研究結果によると、体内時計には、がん細胞の増殖を抑える作用も存在する可能性があるそうだ。



関連記事