がんになったら「払わなくていいお金」まとめ

By




スポンサードリンク


がんになったら「払わなくていいお金」まとめ


こんなにあった!がんになったら「払わなくていいおカネ」全一覧(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)


2人に1人ががんになると言われる時代、高額かつ長期的な負担は誰もが避けたいと思うものだ。そのようななかで、公的な制度を最大限に活用すればかなりの額の助成が受けられることを知っておきたい。


“筋肉博士”石井直方教授「突如がんの宣告。健康に自信のあった自分がなぜ」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する


健康には自信がありましたが、昨年、がんになりました。

「なんだか疲れやすい」「体調が変だ」という違和感はずっとあったんです。でも職場の健康診断も忙しくてなかなか行けず、そうこうするうちに太ってもいないのにお腹がふくらんできました。これはさすがにおかしいと思い、病院に。


エジプトのミイラ2体から癌の痕跡が発見される 世界最古の症例 | 財経新聞


世界最古の癌の症例が、2体のミイラから発見された。ミイラは、エジプトのアスワンにあるエル・ハワの遺跡から発掘された9才の男児と成人女性のものである。



スポンサードリンク


がん患者が「科学的根拠のない治療」にすがる理由 死への不安とどう共に向き合うか - BuzzFeed


「科学的根拠のない治療に騙される人は悪くない、騙す方が悪いのだ」

そう思い、日々、がんと不安に向き合う患者さん、家族の相談を聞いています。今日はそんな中から印象に残った3つの事例を紹介させていただきます。


男性の乳がん患者 情報共有する集い | NHKニュース


男性が乳がんを患った場合、相談できる場が少ないことから、生活や治療の情報を共有する集いが東京・文京区で開かれました。

この集いはがん患者を支援する東京のNPOが初めて開き、神奈川県と埼玉県に住む50代と60代の乳がんの男性患者3人と医師が参加しました。


元eggモデル・中平亜紀 再発乳がん、放射線での治療結果を報告 | Abema TIMES


現在36歳の中平。33歳で乳がんを発症し、その時は全摘出したものの、昨年再発。昨年6月9日に更新したブログでは、「3年前に乳癌が見つかり全摘出したのですが、今回も前回同様、自分で気付いてしまいました。」「定期的に検診はしていたものの、ものすごいスピードで増えていた様で、気付いた時には脇、胸壁、首のリンパまで進んでいました。」と闘病を明かすと、「2度も癌になるなんて、 こんな母でごめんなさい。 こんな妻でごめんなさい。 こんな娘でごめんなさい。」などと、辛い胸の内を吐露。


関連記事

この記事が気に入ったら
シェア!

シェア


Tag
がんになったら払わなくていいお金がん助成金がん公的制度がん治療乳がん男性患者元eggモデル・中平亜紀再発乳がんがん胃がんブログ
Share

スポンサードリンク