エッ?抗がん剤は人を殺傷する化学兵器だったの?胃がん術前化学療法が延期

By




スポンサードリンク


胃がん 術前化学療法 抗がん剤 投与前に高熱で延期 - 今日のエッセイ


こんにちは。Mです。

今回からは、ボクが人生で初めて「抗がん剤」を体験する話しをしていきます。


❝抗がん剤❞と聞くと、あなたはどんなイメージが頭に思い浮かびますか?

ボクの場合、真っ先に浮かんだのは次のでした。


  • ①髪の毛がバッサリ抜け落ちる
  • ②吐き気に襲われる
  • ③手足の爪が剥がれる


これは、映画やテレビドラマを観たことによる影響なんでしょうね。といっても、病気を治すためのものなのに何故こんなひどい副作用が起こるのでしょうか?薬なのに...。


しかし、「抗がん剤」は薬といっても最初に❝劇❞が付く薬。すなわち「劇薬」なんです。要は、毒薬に次いで危険性の高い薬な訳です。それもそのはずです。そもそも抗がん剤は1915年、第一次世界大戦中にドイツ軍が実際に戦争で使用した「マスタードガス」の研究から始まっているのですから。


抗がん剤は、人を殺すために開発された...


この記事は限定公開にしたいので有料(ブロマガ)にしていて申し訳ないのですが。



noteでも公開しています。


購読料は、ブログ執筆のための商品購入などになります。


続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


Share

スポンサードリンク