トピリスト(2018/2/4)がんと向き合う“言葉の処方箋”

By




スポンサードリンク


トピリスト(2018/2/4)がんと向き合う“言葉の処方箋”




がんと向き合う“言葉の処方箋”|日テレNEWS24


かつて腎臓に末期のがんが見つかり、医師から『余命ゼロ』と宣告された俳優の小西博之さん。まさに“奇跡的”とも言える完治を経て、今は全国で講演を行っています。

治療中に感じた不安や悩みとどう向き合ってきたのか、その時、師匠の萩本欽一さんから授かった“大事な言葉”とは。



がんと診断 3人に1人は退職か解雇の現実|日テレNEWS24


がんと診断された48%が現在も勤務し10%が休職中。対して、3人に1人は会社を依願退職、または解雇されてしまっている。しかも、約4割のがん患者が企業側とあまり話し合わず、治療前に退職・解雇されている状況だ。


支援制度の制定で、がんとの厳しい闘いに前向きに取り組める環境を整備 - HPPOST


国内大手の医療機器メーカーであるテルモは、3年連続で健康経営銘柄に選定されるなど、社員の健康増進に積極的に取り組んでいる。

同社が推進する健康経営の柱は「喫煙率、メタボ率の低減」「がんの早期発見、早期治療、職場復帰」「ウィメンズヘルス」「自発的取り組みの奨励」の四つ。このうち、がん関連では2017年1月にがん就労支援制度を制定し、治療を続けながら働く社員をサポートする姿勢を社内外に明確に打ち出した。


「治療で変わる自分も愛して!」がん患者YouTuberが伝えるメイク動画 | BUSINESS INSIDER JAPAN



スポンサードリンク


この企画を発案したのは、自らがんサバイバーである久野美穂さん(38)。彼女自身が出演し、すっぴんからメイクを実演した。乳がんで「ステージ4」と診断され、子育てと治療とを両立するがんサバイバーだ。8歳の長男・碧星(かいせい)くんを育てるシングルマザーでもある。



国立がん研究センター公表の「がん5年生存率データ」から年齢・進行度などの影響を取り除いたリアルなデータを作成した強者が現れる - GIGAZINE


胃がんの「年齢(10)」の影響度は約「0.5」となっており、「患者の平均年齢が10歳上がると生存率/死亡率が0.5倍になる」ことを意味するとのこと。つまり、年齢が若ければ若いほど助かりやすいがんといえ、「胃がんは年齢の影響が大きい」とわかります。

他にも、肝がんは年齢や進行度が与える影響が大きいこと、肺がんは年齢や進行度が与える影響が大きいこと、乳がんでは進行度の影響が非常に大きいことなどがわかります。なお、ほとんどのがんにおいて性別はほとんど影響しないこともわかります。


がんになって見つけたコト6 生きたい!| ytv 読売テレビ ニュース&ウェザー


がんにり患した皆さんに「がんになって見つけたコト」というテーマでメッセージを寄せてもらいました。「がん」と共にある人、その家族、友人、そしてすべての人に勇気と希望をもってもらえるよう、「がんの先にある未来」について考えていきます。



関連記事


Tag
がんと向き合う“言葉の処方箋”がんメイクがん患者YouTuberがん5年生存率がん患者・解雇・退職胃がんブログトピリスト
Share

スポンサードリンク