古村比呂さん、がん再々発「自覚症状もなく…」

By




スポンサードリンク


古村比呂さん、がん再々発を告白「怖さこみあげたけど」

古村比呂さん出演作:カノン



古村比呂さん、がん再々発を告白「怖さこみあげたけど」:朝日新聞デジタル


「自覚症状もなくて、なぜまた私にできるの、と思いました。がんと闘うのではなく、向き合うことで新たな気づきがあると思う」と涙ながらに語った。


皮膚がん「見た目が9割」異常感じたらすぐ診療 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


皮膚がんは内臓のがんなどと異なり、痛みや体のだるさが表れにくいため、治療が後回しになりがちです。一方、目に見える形で症状が出るため発症に気づきやすく、早期に発見しやすいがんともいえるでしょう。


「しんどかったら泣いていい」がん経験した俳優ら語る:朝日新聞デジタル



スポンサードリンク


タレントの向井亜紀さんは、がんや後遺症手術の経験を振り返り「病気が治った時の大切な人の笑顔を胸に思い浮かべて」。腎臓がんを経験した俳優・タレントの小西博之さんは「がんの『闘病』という言葉をなくそう。ほかの病気と同じように『治療』。しんどいことがあったら泣いていい」と語りかけた。


がんになっても笑って過ごせる社会に(なかのかおり) - 個人 - Yahoo!ニュース


がんになっても笑って過ごせる社会にー。4日、Yahoo!本社で「ラベンダーリングデー2018」が開かれた。がん体験者のトークやメイクアップしての撮影会、子ども向けのワークショップなどがあり、私も5歳の娘と参加して取材した。


肺腺がんとは、どんな病気なのか。38歳で死去、ET-KINGのいときんさんが闘病していた - HUFFPOST


「肺腺がんは4つに分類される肺がんのうち最も一般的なタイプです。血液が酸素を取り込む肺胞にできるがんで、早期に発見して手術すれば完治する可能性が高いです。ただし、転移していないかどうか術後も5年間は経過観察を続けた方がいいでしょう」


「おっぱいにビー玉あるよ」母のがん、子にどう伝える?:朝日新聞デジタル


手術後、初めてお風呂に入ったときのこと。「ママ、おっぱい1個はなくなっちゃったけど、もう1個あるからいいよね!」。いつもの明るさで、こう声を掛けてくれた。それに救われた。



関連記事


Tag
古村比呂がん再発乳がん肺腺がんいときん皮膚がん症状トピリスト胃がんブログ
Share

スポンサードリンク