トピリスト(2018/2/7)「がん」で死なないための“必要知識”

By




スポンサードリンク


「がん」で死なないための“必要知識”



「がん」で死なないための“コツ”とは? | 日刊大衆


日本人男性が罹患する確率は62%。そして死亡確率は25%。そのときが来る前に知るべき重要知識を公開!

家族や親戚で集まる機会の多い年末年始。会えばまずは健康の話となり、日本人の死因1位・がんの話題になることも多いだろう。そんな国民病に“負けない”ためには、どうすべきか――識者の証言や最新の研究結果をもとに、知っておくべき項目をまとめた。


神奈川がんセンターで重粒子線治療が継続危機、裏に構造的問題 | inside | ダイヤモンド・オンライン


神奈川県議会の厚生常任委員会は1月29日、県立がんセンター(横浜市)の放射線治療が非常事態に陥っている問題を終日にわたり議論した。地域がん医療の拠点である同病院で放射線治療医が相次いで退職、がんの放射線治療に支障が生じているのだ。


熱いお茶で飲酒・喫煙者の食道がんリスク増大 中国のチームが研究 - ライブドアニュース



スポンサードリンク


たばこを吸ったりお酒を飲んだりする人が熱いお茶を飲むと、食道がんにかかる危険性が高くなるとの研究結果を、中国のチームが新たに発表した。

北京大学の研究者らが50万人近い中国の成人を平均9年半にわたって追跡し、結果を内科専門誌の最新号に発表した。この分野の研究としては過去最大の規模とされる。


大腸がん転移を100倍も早めてしまう食物とは? - Sputnik 日本


カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究で、体内組織のコレステロールの量があまりに増大すると、大腸ガンの増殖速度が100倍以上にもなることが明らかにされた。ポータル「サイエンス・アラート」に研究結果が発表されている。


胃がんや大腸がんなどを防ぐ可能性のある食品を研究者が究明 - Sputnik 日本


研究の結果、ザクロ、赤ブドウ、梨、キノコ、レンズ豆、大豆、グリーンピースといった食品がオートファジー過程の働きに肯定的な影響を及ぼすことがわかった。つまり、これらの食品が一部の消化器系疾患の治療や予防に役立つ可能性がある。



関連記事


Share

スポンサードリンク