【続報】有賀さつき さんの 死因「乳がん」報道を父否定 - トピリスト

By




スポンサードリンク


週刊女性セブン / 2018年2月22日号

週刊女性セブン / 2018年2月22日号



有賀さつきさんの父 死因「乳がん」報道を否定「それは誤り」― スポニチ Sponichi Annex 芸能


「有賀さんが生前、銀行口座を整理した」との一部報道には「それは違います」と否定した。今後も守っていくのは「死因は伝えたくない」という有賀さんの思い。「死因は乳がんか」との報道にも「それは誤りです」と強く否定した。


 関連記事  有賀さつき さん 急死、死因は 乳がん か - トピリスト


小山明子『徹子の部屋』で乳がん手術告白「早期発見だったからよかった」 - 産経ニュース


故大島渚監督の妻で女優、小山明子(83)が8日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」で、昨年9月に乳がんの手術を受けていたことを明かした。



胃がんの告知8カ月遅れる 中津川市民病院、患者と和解:朝日新聞デジタル



スポンサードリンク


病院によると、2016年10月、急性胆のう炎の治療で入院していた男性の手術前の検査として、消化器内科の男性主治医(35)が同科の別の男性医師(37)に胃カメラによる検査を指示。同月25日、男性が胃がんであることがわかった。ところが、主治医がカルテの記述を見落とし、男性が11月に外来受診した際に伝えていなかったという。


急増する乳がん、原因は牛乳や牛肉の摂り過ぎ?高級和牛は立てなくなる寸前まで弱った牛 | ビジネスジャーナル


世界42カ国で行われた、がん発生率と食品摂取の関係についての調査をみると、乳がんと最も関係の深い食品は肉、次いで乳・乳製品。また、子宮体がん、卵巣がん、前立腺がん、精巣がんでは、乳・乳製品が最重要だった。

ちなみに、肉類(特に牛肉)についても、去勢した雄の肉(女性的で柔らかくなる)が多いため、比較的エストロゲンの含有量が高くなっている。

驚くなかれ、松阪牛、飛騨牛、米沢牛といった「柔らかさ」を売りにしている高級和牛は、去勢したあとに糖分をたくさん食べさせ、「筋肉が弱って立てなくなる寸前」が一番うまいのだそう。日本独特の畜産のノウハウだ。やはり牛肉は、安いもの、硬めのものが、体にいいのかもしれない。


乳がん予防のために見直したい生活習慣4つ | The New York Times | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準


乳がんを恐れている人は多いが、一定の生活習慣を採り入れることで予防できる可能性があることを理解している人はあまりいない。乳がんの予防効果が期待できる生活習慣は、心臓病や糖尿病といった生命にかかわる病の予防にも役立つかもしれない。


「乳がん闘病=お涙頂戴」ムードに違和感! 寛解した女性が世間に“異議”を唱える理由|サイゾーウーマン



「本屋で乳がんに関する棚に行くと、必ずといっていいほど淡いピンクの表紙の闘病手記が並んでいます。この棚は『美しい愛のドラマが見たい!』という大衆のニーズを象徴していて、乳がんの当事者とはかけ離れた存在なんです。私は若年性乳がんになって初めて乳がんの棚に行ったとき、愛のドラマと著者のポエムが書かれた手記ばかりで途方に暮れたのを覚えています(笑)」

乳がん患者にとって、近くて遠い“闘病手記”。それは、乳がんについてのニュースを報道するメディアやマスコミについても同じだった。小林麻央さんの報道についても、松さんは複雑な気持ちを抱いていたという。



関連記事


Share

スポンサードリンク