知られざる【がんと長寿】早死にを避ける最新豆知識 - トピリスト

By




スポンサードリンク


知られざる【がんと長寿】早死にを避ける最新豆知識 - トピリスト



「がんと長寿」知られざる最新豆知識 | 日刊大衆


この1~2年、北の湖敏満、今いくよ、川島なお美、今井雅之、小林麻央と、数多くの著名人の命を奪ってきた「がん」。早死にを避けるべく、「がんと長寿」を徹底取材すると、知られざる最新豆知識がいくつも出てくる。


がん民間療法は「人の弱みにつけ込むインチキ商法」 医師たちが本音告白 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)


「治療効果があるなら、標準治療や保険に組み込まれるはず」というのだ。

「うそっぱち」(内科・40代・女性)、「人の弱みにつけ込むインチキ商法」(内科・40代・男性)、「百害あって一利なし」(内科・50代・男性)という辛辣(しんらつ)な表現も並ぶ。背景に、患者が不利益を被った経験がある。

「病院での治療より民間療法を崇拝し、治療の妨げになった」(内科・40代・男性)、「悪徳民間療法にだまされて不幸な転帰になった患者を見てきた」(内科・60代・男性)などと訴える医師は少なくない。



楽にしてあげたい…狭山で末期がんの妻を夫が切りつけ 福祉関係者らに失望感「抱え込まずSOS発信を」 (埼玉新聞) - Yahoo!ニュース



スポンサードリンク


埼玉県狭山市で先月、妻の病気を苦にした62歳の夫が包丁で61歳の妻を切りつける殺人未遂事件が発生した。妻は間もなく死亡し、逮捕された夫は「末期がんの妻を楽にしてあげたかった」と犯行の動機を語った。団地で暮らす家族に起きた惨事。「抱え込まずにSOSを発信してほしい」。福祉関係者らにやり場のない失望感が広がっている。


この記事に関しては、少し気になったのでひと言。よく、このような悲しいニュースを目にしますが、必ずといって良いほど「抱え込まずにSOSを発信してほしい」といった「タラレバ的なコメント」が付けられますよね。

今回のケースでは、住民ボランティア介護サービスなどを受けられていたようですが、"迅速な対応"をしてくれる相談窓口に恵まれずに苦しんでいる人のほうが多いのではないでしょうか。だから、このような悲しい事件が後を絶たないのだと思われます。

相談しても、たらい回しにされたり時間がかかったり。挙げ句の果てには「こちらの部署の管轄ではない」とか言われて相手にされないケースもあるのですから。

もし管轄ちがいだったとしても、せめて他に相談できるような窓口を教えてくれるとか、の配慮くらいはなされてもおかしくないと思う。今後、さらにこのような悲劇を生まないためにも。


 関連記事  【癌患者 の 予後不良】とまわりの対応の変化 | 誰が殺した!?癌 と 孤独死



がん研有明病院がクラウドファンディングを開始~がんと闘う患者さんと家族のために。「庭園いろどりプロジェクト」を実施~ - 産経ニュース


【病棟庭園改修プロジェクト(クラウドファンディング)概要】
1.プロジェクト名:「庭園いろどりプロジェクト」
2.プロジェクトURL:https://readyfor.jp/projects/ganken-teien
3.期間:2018年1月30日(火)~2018年3月16日(金)45日間
4.目標設定金額:3,000,000円
5.目的:病院5階屋上庭園の改修のため
6.庭園整備開始時期:2018年5月上旬予定
7.その他:添付のチラシ参照


遺族を対象に、終末期の実態調査…国立がん研究センター : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)


国立がん研究センターは今月から、がんや心疾患などで亡くなった患者の遺族を対象に、終末期医療や在宅療養に関する全国調査を始めた。同センターは「最期の時間をその人らしく過ごせる医療を実現するため、実態を明らかにしたい」としている。


関連記事


Share

スポンサードリンク