【青年座】俳優・大家仁志 さんが 大腸がん で死去、53歳

By




スポンサードリンク


新劇製作者 劇団青年座とともに/水谷内助義/著

新劇製作者 劇団青年座とともに/水谷内助義/著



青年座の俳優・大家仁志さんが大腸がんで死去 53歳 : スポーツ報知


俳優の大家仁志さんが2月19日、大腸がんで亡くなったとの報道がされました。まだこれから、という53歳での訃報となりました。

大家さんは青年座研究所14期を経て、1990年に入団。「ブンナよ、木からおりてこい」「横濱短篇ホテル」などに出演。TBS系の「サラリーマン金太郎」などのドラマにも出演していた。


80代女性のがん腫瘍を過去に2度見落とし 兵庫県の病院が発表 - ライブドアニュース


最近、このような医療現場での不祥事について、ニュースが非常に多いですね。がん患者さんが安心して治療に専念すべき環境が脅かされてる現在、現場では一体何が起きているのでしょうか?

兵庫県は19日、県立柏原病院(丹波市)で同市内の80代女性の右わき下のがん腫瘍を過去2度、見落としていたと発表した。

女性はすでに腫瘍を切除する手術を受けており、現在は外来で経過観察中だという。

県によると、同病院は平成25年9月、ぼうこうがんと診断された女性に対し、がんが転移していないか確認するためCT検査を実施。画像に右わき下の腫瘍が写っていたが見逃した。さらに28年6月にも別の病院から依頼を受けてCT検査を行ったが、同じ腫瘍を見落とした。


【希少がんと共に生きる】「私、演技します」告知まで知らないふりを貫き通した妻 家族の支えあってこそ(4/5ページ) - 産経ニュース



スポンサードリンク


がんを1人で乗り切るのが困難なのはがん患者であれば多くの人が思うことだろう。家族の支えがあってこそ、前向きに生きることができるのは間違いない。告知を終えると、妻は坂井にこう語った。

 「実はこの話を(執刀医から)聞くのは2回目なんだよね。もう国立がん研究センター中央病院(東京都中央区)に通えるように、動いているから」

 告知直後、坂井が最初に流した涙は死への恐怖からだった。だが、この言葉を聞いた途端、妻が必死で夫を支えてくれようとしてくれている姿に再び涙があふれてきた。


基準満たさず腹腔鏡手術69件 埼玉・草加市立病院:朝日新聞デジタル


診療報酬は、点数の低い開腹術をしたとして請求。患者には腹腔鏡手術を施したと説明し、開腹術分の手術代を請求していた。

これまでに患者の急変などの事故はなく、患者に新たに負担を求めることもしないという。高元俊彦事業管理者は「診療報酬の請求について認識不足があった」と陳謝した。


がんを経験した医療経済学者が語る 「日米がん格差」|ヘルスUP|NIKKEI STYLE



「日本では設備や症例数などで病院を格付けしている例はありますが、米国では、民間組織が全国の病院から設備に関する情報だけでなく、患者の生存率、術後死亡率、術後合併症率、入院期間、医療行為ごとのガイドライン準拠率といった治療実績に関する情報を集めて、公開をしてくれています。米国対がん協会という民間団体が中心となり、米国外科学会のがん部会であるCoC(Commission on Cancer)とともに、がん拠点病院から情報を集め、NCDB(米国がんデータベース)と呼ばれるデータベースを構築しているためです」と説明する。

関連記事


Share

スポンサードリンク