元警視庁捜査1課長 田宮榮一氏が死去、「転移性肺がん」のため

By




スポンサードリンク


元警視庁捜査1課長の田宮榮一氏が死去 85歳



警視庁元捜査一課長・田宮榮一さん死去|日テレNEWS24


警視庁・元捜査一課長でコメンテーターの田宮榮一さんが、転移性肺がんのため亡くなっていたことがわかった。85歳だった。

警視庁で、たたきあげの刑事から捜査一課長や警ら部長などを歴任した田宮榮一さんは、退官後、日本テレビのニュース番組などで捜査のプロの目線で様々な事件をわかりやすく解説し、親しまれた。



スポンサードリンク


「余命・告知・宣告…がんには怖い感じの言葉が目立つ」:朝日新聞デジタル



絵門ゆう子のがんとゆっくり日記 単行本
絵門 ゆう子 (著)

フロアに響き渡る声を聞きながら、私は絵門ゆう子さんのことを思い出していました。がんのときによく使われる言葉について、彼女もしょっちゅう憤慨していたなあ、と。「余命、告知、宣告、生存率、そういう言葉が患者を追い詰めるのよ」とプリプリ怒っていた姿が浮かびます。


Q14 いい外科医の選び方を教えてほしい。――がんにまつわる素朴な疑問 Q&A | がんと共に生きる。 | 文春オンライン


耳ざわりのいいことばかり言う外科医は要注意
がんの手術を受ける場合、最大の目標は「質が高く、安全な手術ができる外科医を選ぶ」ことになるはずです。質の高い手術を受けなければ再発したり、後遺症で術後の生活の質が落ちたりするかもしれないからです。安全にも十分に配慮して手術をしてもらわないと、術後の合併症で苦しみ、命すら落としかねません。

では、どうすればいい外科医を探すことができるでしょうか。数多くの「名医」と呼ばれる外科医を取材した経験から、いくつかポイントをまとめてみました。


15歳で右足切断を決意… 担当医師が明かす小児がんと闘ったアイドルの素顔〈dot.〉 (AERA dot.) - Yahoo!ニュース




生きて、もっと歌いたい
片足のアイドル・木村唯さん、18年の軌跡
芳垣 文子 (著) Kindle版

唯さんが、右足に「小児がん」を発症したのは、中学3年生のとき。翌年、再びステージで活躍することを目指し、右足の切断手術を受けた。

唯さんの生涯を追った『生きて、もっと歌いたい』(朝日新聞出版)では、片足を失いながらも、前を向いて強く生きる唯さんの姿が描かれている。そのピュアで、透明感のある歌声は定評があった――。

関連記事


Share

スポンサードリンク