羽生結弦、国民栄誉賞を最年少で授与へ!スケート界初の偉業 - トピリスト

By




スポンサードリンク


羽生 結弦 選手 2018 平昌 オリンピック 金メダル 記念切手シート



羽生選手に国民栄誉賞授与へ…連覇偉業を評価|ニフティニュース



政府は、平昌ピョンチャン冬季五輪のフィギュアスケート男子で前回2014年ソチ大会に続く連覇を達成した羽生はにゅう結弦ゆづる選手(23)に、国民栄誉賞を授与する方針を固めた。

この種目では66年ぶりとなる連覇の偉業に加え、右足首のけがを乗り越え国民に大きな感動を与えた点を評価した。1977年の同賞創設以来、スケート界からの受賞は初めて。個人としては最年少での受賞となる見通しだ。



スポンサードリンク


藤井六段 13連勝で師弟対決へ、公式戦では初「凄く楽しみ」― スポニチ Sponichi Annex 芸能


金銀4枚で囲った阿部の堅陣をゆっくりと間違いのない攻めで、危なげなく寄せきった。次戦は8日。絶好調をキープしたまま王将戦1次予選2回戦で、師匠・杉本昌隆七段(49)との公式戦で初めての師弟戦に臨む。


ロシアが新戦略核兵器開発を表明 | ロイター


プーチン氏は、米国などによる「ロシア封じ込めは失敗した」と宣言、米国と軍事的に対抗する異例の強硬姿勢を示した。米ロ関係の一層の悪化は必至だが、ロシア大統領選が18日に迫る中で事実上の選挙公約となる演説は、反米感情が強い有権者を意識したともみられる。


森友文書、財務省が書き換えか 「特例」など文言消える (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース


学校法人・森友学園(大阪市)との国有地取引の際に財務省が作成した決裁文書について、契約当時の文書の内容と、昨年2月の問題発覚後に国会議員らに開示した文書の内容に違いがあることがわかった。学園側との交渉についての記載や、「特例」などの文言が複数箇所でなくなったり、変わったりしている。複数の関係者によると、問題発覚後に書き換えられた疑いがあるという。



関連記事


Share

スポンサードリンク