国立がん研究センター東病院 が 治験開始、進行性固形がんなどを対象

By




スポンサードリンク


国立がん研究センター東病院が治験開始、進行性固形がんなどを対象に



国立がん研究センター東病院 腫瘍溶解ウイルス製剤とキイトルーダを用いた医師主導治験開始 – がん情報サイト「オンコロ」



国立がん研究センターのこころと苦痛の本
こころと体のつらさを和らげるためにできること
(国立がん研究センターのがんの本)

2018年3月2日、国立がん研究センター東病院は、進行性または移転性固形がん患者さんを対象とした、腫瘍溶解ウイルス製剤であるテロメライシン(R)(OBP-301)と、抗PD-1抗体薬であるキイトルーダ(ペムブロリズマブ)の併用療法に関する医師主導治験(第I相試験)を開始したと発表した。



スポンサードリンク


血液検査で8種類のがんを発見する画期的な検査法が開発される | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト


米ジョンズ・ホプキンス大学キンメルがんセンターの研究プロジェクトでは、血液サンプルから8種類のがんを検知し、疾患の部位の特定にも役立つ新たな検査法「キャンサー・シーク」を開発し、2018年1月、学術雑誌「サイエンス」にその研究成果を発表した。

「キャンサー・シーク」は、がん細胞の特徴を示す16種類の遺伝子と8種類のタンパク質をもとに初期のがんを検知するというものだ。


がん10年生存率が55%に上昇 昨年調査より1.3ポイント - msnニュース


全国20施設で診断、治療を受けた約5万7千人のデータを集計した。

部位別では、前立腺がん(92.4%)、甲状腺がん(86%)、乳がん(82.8%)などで比較的高かった。


痔?大腸がん?その血便を見分ける方法 - 乳酸菌コラムby菌活・腸活ラボ


排便時に血便が出た、トイレットペーパーに血のようなものが付いていた……なんてことがあったら、あなたならどうしますか?「もしかして大腸がんではないか?」と不安になる人もいれば、「ただの痔かな」とやり過ごす人もいるかもしれません。

たしかに血便自体は、痔の可能性もありますが、大腸がん、またはそれ以外の大腸の病気の可能性も考えられます。特に痔と大腸がんには、血便のほか便秘、下痢、腹痛といった共通の症状があり、特に慢性的な痔を持っている人に限ってがんの症状を見落としがちです。自己判断に頼らず、最終的には検査を受ける必要はありますが、基本的な血便の見分け方について今回はご紹介します。


関連記事


Share

スポンサードリンク