【がん 治療】 総合病院とがん専門病院、どちらを選ぶべき? - トピリスト

By




スポンサードリンク


Q16 総合病院とがん専門病院、どちらを選ぶべき?――がんにまつわる素朴な疑問 Q&A



Q16 総合病院とがん専門病院、どちらを選ぶべき?――がんにまつわる素朴な疑問 Q&A | がんと共に生きる。 | 文春オンライン



A16 持病の有無が判断材料の一つになります。

がんは専門的で高度な治療が必要な病気です。がんと診断されたら大学病院など大きな総合病院か、地域のがんセンターなど専門病院を勧められることが多いでしょう。

では、どちらを選べばいいでしょうか。判断材料の一つになるのが「持病の有無」だと思います。

たとえば、重い糖尿病や心臓病、肺の病気などの持病のある人が、がんの手術や抗がん剤治療を受けると、それらの治療にともなって起きる感染症や脳血管障害、肺障害といった合併症のリスクが増えます。 

こうした合併症のリスクをできるだけ少なくするには、がんの治療を始める前に持病の状態を少しでもよくしておく必要があります。また、もし合併症が起こった場合も、その患者の持病に詳しい専門医の協力を求めなければなりません。



スポンサードリンク


「マスターズ陸上のレジェンド」逝く がん乗り越え疾走:朝日新聞デジタル


80歳をすぎてから陸上短距離で世界記録を連発した泥谷(ひじや)久光さん=宮崎県木城町=が先月、亡くなった。ピーマン農家を営む傍ら競技に情熱を注ぎ、大病を乗り越え走り続けた「マスターズ陸上のレジェンド」。突然の訃報(ふほう)にライバルからは惜しむ声もあがった。


喫煙の次にがんの原因になるものは・・・!?衝撃的な広告が話題に|面白ニュース 秒刊SUNDAY



喫煙の次にがんの原因になるものは?肥満!
で、その次の広告が「マクドナルド」

以前マクドナルドの店員がとんでもない事実を公開しておりましたが

今回のこれは示し合わせたのでしょうか、それともただの神のイタズラなのでしょうか。
この答えは両社のみぞ知ります。


乳がん検診で、絶対にあなたがすべきこと:日経ビジネスオンライン


現在、乳がん検診として行われている主な画像検査はマンモグラフィーです。

マンモグラフィーは、機械で乳房を挟み込み、レントゲンを当てることによって乳がんの有無を診断するという検査です。簡便で比較的安価だし、世の中に広く普及していて、蓄積されているデータも豊富です。

さらに、検査することにより乳がんの死亡率を減らすというエビデンス(科学的な証拠)があるのは、現状ではマンモグラフィーだけです。そのため自治体の健診では、マンモグラフィー以外は原則的に認められていません。

ただし、これは必ずしもマンモグラフィーがベストだということを意味しているわけではありません。残念ながらいくつかの弱点があるのです。

関連記事


Share

スポンサードリンク