小西博之さん、腎臓がん宣告で医師から「余命ゼロ」「即死レベル」と

By




スポンサードリンク


小西博之さん、腎臓がん宣告で医師から「余命ゼロ」「即死レベル」と



小西博之 腎臓がん、医師から「余命ゼロ」「即死レベル」…救われた欽ちゃんの言葉/芸能/デイリースポーツ online



あまりの衝撃に小西は絶望感に包まれたという。

三日三晩泣き明かした。

3日目の昼、ソファに座って当惑していると、師匠萩本欽一の言葉が脳裏に浮かんだ。

萩本は「小西、人生は幸せと不幸せが50対50なんだよ。悪いことがあったら落ち込んで泣いて受け入れろ。人生とはそういうもんだ」と以前に告げた。



スポンサードリンク


漫画家・内田春菊さんが人工肛門(ストーマ)をつけるまで | 文春オンライン



2015年冬、56歳で直腸がんが見つかった内田春菊さん。

そこから翌年の春に人工肛門(ストーマ)を造設するまでをユーモラスに描いたのが『がんまんが』だ。

京都の大学に通う息子が帰省、すっかりスリムになっているのに驚き、彼が成功した「糖質制限ダイエット」に内田さんも挑戦するところから話は始まる。

みるみる痩せていくが、同時に便秘がひどくなる。

お尻の肉が薄くなったせいか、硬い椅子に座るのも苦しくなり受診したら、肛門から2センチ程のところにがん。ダイエット前から密かに進行していたのだ。

「診察結果を聞きに行く前、俳優やってる娘から“かあちゃん、がんと言われたら、ひと間おいて『ガーン!』だよ”と演技指導が入りました(笑)。

病気は漫画家として大ネタですが、描く気になるまでに手術から1年かかりましたね」


ロボット使った内視鏡手術、新たに12種類で保険適用(ヨミドクター(読売新聞)) - goo ニュース



ロボットを使った内視鏡手術が今年4月、胃がんなど12種類の手術で保険適用される。

これに先立ち、自費診療でこの手術を受けた愛知県の男性(60)は「傷がほとんどなく手術後の痛みも軽く済んだ」と体験を話す。

ただ、安全に行うには技術が必要な手術で、病状によっては適さない場合もある。十分に説明を受けて選ぶことが大切だ。


本当にあった怖い彼氏〜余命1年の男が隠していたコト〜 - グノシー


私は夜の店で働いているのですが、数年前によく指名してくれる常連客の人がいました。

その人とアフターで飲みに行った時のこと。

突然、深刻そうな顔をして、「実はもうすぐ死ぬんだよね」と告白されたんです。

彼によると、末期の胃がんらしく、もう手術ではどうにもならない状況で、医者からは持ってあと1年ぐらいだと言われたそうです。

さらに、胃がんと書かれた診断書も見せられて、そこには悪性と書かれていました。

そこで私は、思いもよらないお願いをされたんです。

彼から「俺と付き合ってほしい。最後に思い出を作りたい」と。


関連記事


Share

スポンサードリンク