【がん免疫療法】数年後に「がんで死なない時代」が到来? - トピリスト

By




スポンサードリンク


がん免疫療法が常識を変える! 数年後に「がんで死なない時代」が到来する?



がん免疫療法が常識を変える! 数年後に「がんで死なない時代」が到来する?|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS


がんには「標準治療」と言われる「三大治療法」がある。「手術」「放射線」「抗がん剤」だ。しかし「ごく初期のがん」を、手術で取り除けた場合を別にすれば、三大治療法には常に「再発」と「転移」という恐怖がつきまとう。

角田教授は「これらの療法だけでがんを十分に克服できていないことは、5年生存率の低さを見れば一目瞭然。そのため、これまでがんは『不治の病』『死に至る病』と言われてきた」と指摘する。

ところが、「がん免疫療法」を行えば、3年後に生き続けている人は、5年後も10年後も生き続ける可能性が高いことが、集積されつつあるデータからわかってきたという。つまり、がん免疫療法は「完治」が可能となる療法なのだ。

角田教授は、前著『進行がんは「免疫」で治す 世界が認めた がん治療』(幻冬舎)』でがん免疫療法の現状(昨年3月)に触れ、たとえ進行がんでも免疫療法で長期生存できるようになってきた、「カンガルーテール現象」が見られていることを紹介。

本書は、その内容をさらにわかりやすく説明し、その後判明した新たな知見を加えたものだ。



Hermann H. & The Pacemakers、がん克服した岡本洋平の“復活祭”開催(コメントあり) - 音楽ナタリー


Hermann H. & The Pacemakersが7月13日、22日に東京・東京キネマ倶楽部で主催ライブイベント「NEVER DIE YOUNG」を開催する。

「NEVER DIE YOUNG」は2016年に下咽頭がんを患い、闘病生活を送っていた岡本洋平(Vo, G)の“復活祭”という位置付けで行われるもの。

岡本は2016年9月に喉の不調を訴えて精密検査を受けたところ、「ステージ4の進行性のがんで、喉の全摘出を行わないと命に関わる」と診断を受けた。

しかし声帯の全摘出という選択肢を取らず、根気強く抗がん剤と放射線による治療を続け、同年末に退院。その後の定期検査において「現状、再発、転移の恐れなし」との結果を受けたことから、晴れて復活イベントを行う運びとなった。



スポンサードリンク


73種類のがん変異血液で、大腸や胃など 国立がんセンターが治験:日本経済新聞


国立がん研究センター東病院は13日、大腸がんや胃がんなどに関係する73種類の遺伝子異常を血液で調べて治療に役立てる医師主導の治験を始めたと発表した。

現在は内視鏡や針でがん組織を採取しており、患者の負担が大きい。血液でわかれば、繰り返し検査ができ、治療効果の高い抗がん剤を選びやすくなる。

最終的には2千人規模で実施する計画だ。


大腸がん、発見時はステージ4 記者がつづった闘病記:朝日新聞デジタル


高橋さんに大腸がんが見つかったのは2011年6月、岩見沢支局に勤務していた64歳の時だった。

直腸から肝臓へも転移しており、「ステージ4」。すぐに手術が行われ、抗がん剤治療が始まった。

 「記者だからこそ体験記を」。同僚の強い勧めもあって5カ月後の11月、連載がスタートした。


関連記事


Share

スポンサードリンク