がん で【緩和ケア】を勧められたら、もう終わりなの?

By




スポンサードリンク


がん で【緩和ケア】を勧められたら、もう終わりなの? - トピリスト


がん緩和ケアという言葉を聞くと、末期がんをすぐにイメージしてしまうものですが、近年では病期にこだわりなく、がん治療と並行して行なわれるべき意味合いで用いられる表現に変わりつつあるようです。




スポンサードリンク


Q19 緩和ケアを勧められたら、もう終わりなの?――がんにまつわる素朴な疑問 Q&A | がんと共に生きる。 | 文春オンライン


近年では緩和ケアは「がんが進行してから」ではなく、「がんと診断されたときから」必要に応じて行われるものとされるようになっています。

抗がん剤や放射線などの治療と並行しながら、緩和ケアチームのサポートを受けることも可能です。
 
がんになると痛みやだるさ、息苦しさといった身体的な症状だけでなく、不安感や気分の落ち込み、孤独感など精神的な症状も起こります。

また、仕事ができない喪失感や人間関係などの後悔、「私は生きる価値のない人間ではないか」といった悩みも生じます。

その都度、つらくなったら緩和ケアチームによるサポートを受けていいのです。

現実には、すべての患者の苦しみに応えられるほどの十分な態勢はまだないかもしれません。

ですが、早い時期から病院の緩和ケア科や在宅緩和ケア診療所などに相談して、スタッフと関係をつくっておくことをお勧めします。


【科学】AIで胃がん発見 がん研などが世界初のシステム - 産経ニュース


人工知能(AI)を使い、胃がんを短時間で発見する世界初の画像診断システムを開発したと、がん研究会有明病院(東京)などのチームが発表した。見落としを減らすことで早期発見・治療につながると期待される。

チームは胃がんの内視鏡画像1万3584枚を使い、深層学習という手法でAIを訓練。その上で、69人の胃がん患者から集めた2296枚の画像を診断させて精度などを調べた。


麻木久仁子、脳梗塞と乳がんが教えてくれたもの(中西正男) - 個人 - Yahoo!ニュース


タレント、女優、司会、クイズ番組と幅広く活動する麻木久仁子さん(55)。

2010年に脳梗塞、12年には初期の乳がんが見つかり、自らの体と向き合う時間が増えました。

その中で出会った薬膳の知識をまとめたレシピ本「ゆらいだら、薬膳」も先月に上梓。

「有難い今の時間を大事にしないとバチが当たる。

今まで1週間くらい腹を立てていたことも、何とか3日とかに縮めるようにしています」と朗らかに、言葉に力を込めました。




これも、本当に、本当に、運が良かったとしか言いようがないんですけど、初期で見つかった。

その後、私もいろいろ勉強しましたけど、最初は小さいまま潜伏しているがん細胞が、ある時からググッと増えだす。

その増えだしたところで見つかるのが初期。たまたまこのタイミングに検査がハマるのが一番いいんですけど、少し前の潜伏している時期だったら、これは見つけようがない。

たとえば1年に1回検査を受けていて、受けたのがググッと増える直前で、1年後に行ったら大きくなってしまっていた。そんなパターンも可能性としてはありえる。

ただ、だからといって検査が意味がないというわけでは決してなく、やっぱり受けると早期に見つかる確率が上がることは間違いありません。行かないと100%見つけようもないわけですから。

もちろん、お金もかかります。でも、私は身をもって経験しましたけど、このレベルだったら転移の心配はないだろうということで、抗がん剤治療をすることがなかった。

早く見つかると治療の選択肢も増えるし、治療が楽になる可能性も上がる。だからこそ、やっぱり検査は受けるべきだと感じています。




関連記事


Share

スポンサードリンク