女優・古村比呂、再発がんの腫瘍1つ消失「まだまだ油断禁物ですが...」

By




スポンサードリンク


女優・古村比呂、再発がんの腫瘍1つ消失「まだまだ油断禁物ですが...」


再々発した癌を公表した女優の古村比呂さん(52)が4月2日、ブログで4回目の抗がん剤治療の効果を報告しました。


ご報告 | 古村比呂オフィシャルブログ「艶やかに ひろやかに」powered by Ameba


古村さんは『CT検査の結果、それぞれの腫瘍か小さくなり、肺にあった腫瘍が一つ消えていました!』と喜びを表し、ファンへの感謝をつづりました。


また、肺とリンパ節に見つかっていた再々発がんについて、古村さんは「まだまだ油断禁物」とつづり、嬉しさと同時に複雑な心境であることも明かしています。


古村さんは2011年、健康診断を受けた際に初期の「子宮頸部上皮内がん」が発覚し、翌年に子宮を全摘出しました。昨年に再発が判明しましたが、抗がん剤と放射線の併用治療によってテレ朝「トットちゃん!」に出演するまでに回復していました。ところが、11月に再々発。検査を頻繁に受けていたことで、早期の段階での発見となりました。


≫もっと『古村比呂さんの記事』を読む



がん対策推進のロゴ決定 : 北海道発 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

北海道対がん協会と道は、がん対策の推進と普及啓発に活用するロゴマークと、がん関連の事業を助成する「北海道がん対策基金」のキャッチフレーズを決めた。

ロゴマークはリボンが2人を包むデザインで、「がんは2人に1人がかかる」と言われる中、誰もが平等にがん対策を受けられる権利と安心感を表現した。「北」を意識したシルエットになっている。



スポンサードリンク


女性のがん患者会活動開始 悩み「少しでも心軽く」 初回は7日|文化・イベント|上毛新聞ニュース

がんを経験した女性が気兼ねなく悩みを話せる場をつくろうと、女性だけのがん患者会が、群馬県の高崎健康福祉大女性・妊産婦ケアステーション(高崎市南大類町)を会場に活動を始める。子宮・卵巣といった婦人科系のがんをはじめ、胃や大腸、血液など、がんの種類を問わず参加できる。初回は7日午後1時半からで、発起人の松井葉子さん(安中市)は「心の中にためているものを出して、少しでも心を軽くしてほしい」と呼び掛ける。


末期がんの夫・ECDさんとの生活を日記に「亡くなるまでの3か月は、本当に苦しかった」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

今年1月24日、ECDさんは末期がんの闘病を経て亡くなった。植本さんに話を聞いたのは、その半月後のことだった。

「石田さんのお別れの会も終わって、いまは部屋の片づけをしています。この間、娘たちがECDのPVを見て、上の娘は号泣したけど、下の娘は“お父さんがいないってことがまだ分からないから泣くことはできない”って困った感じでしたね。どちらも素直な反応だなと思いました。わたしは……自分でもよくわかりませんね。でも、亡くなる直前のころよりは優しい気持ちになれたかもしれません。もういないので遅いんですけど」


関連記事