胃がん、術後6年経過も、原因不明の後遺症なお続く。。。

By




スポンサードリンク


胃がん、術後6年経過も、原因不明の後遺症なお続く。。。

やっとの思いで迎えた胃がん術後6年目なのに、今日は何だか様子がおかしい(汗)朝ブログを書き終わった辺りから心臓バクバク。。。

めまいが起こると同時に意識がかすんで来たので、パソコンを無理矢理とじる。すると、冷や汗がドッと溢れ出てきた。

食事をした訳でもなし。なのに、胃がんの後遺症か、原因不明の不調は予告なしに突然やってくる。たぶん、低血糖か鉄欠乏性貧血だとは思うのだけれど、いったい何なんでしょうねぇ…

慌ててお湯を沸かし、甘いコーヒーを飲む。血糖値の上昇を試みるも、体調はぜんぜん戻らず(汗)もう、こうなったら横になることくらいしか出来ません。

ここで無理する人が、ひっくり返ったり、昏睡状態になるのかも知れません。

スポンサードリンク


胃がんの術後は、ダンピング症状の仕組みがよく分からず、いつも後期ダンピングで酷い目にあっていた。

しかし何故か、冷や汗でビショビショになったあとはアタマがすっきりして、体が軽くなったような気がした。

今ではそんなこともなくなりました。一度体調を崩すと、頭の血が下がっていくような目まいで丸一日苦しみます。

運の悪いことに、こんな時に限って「何時に何処」と予定が入っていたりする。そうなるともう地獄です。

血の気が引き、顔がシワシワする感じがして何だか視界も狭い。めまいで力が抜けていくけど、とりあえず足を無理矢理まえに出し、目的地へ向かうのです。

冷や汗を一度かくと、再び繰り返す確率は少なかったりします。しかし、今日はアテが外れました(汗)

突然の冷や汗で、瞬く間に全身ビショ濡れ。真夏日だった昨日に比べ、10℃近くも気温の低い今日はさすがに堪えました(汗)

帰宅して、すぐダウン...。仮眠をとり、トイレでスッキリしたらアタマもやっと回復してきました。やっぱり、腸に食べ物が累積してたのが何か関連してるのかな?

今日の不調はダンピング症状とは別物。このめまいはまるで、「胃がん宣告」直前に感じた症状と似ているような…。

そう考えると、胃がんの手術で取りきれずに残った癌が私の体の中で暴れ出したのかと少し不安になります。
関連記事


Share

スポンサードリンク