「胃がんで死なないためにできること」「名医が受けたい食道がん治療」

By




スポンサードリンク


「胃がんで死なないためにできること」「名医が受けたい食道がん治療」

「胃がんで死なないためにできること」とは?

「胃がんで死なないためにできること」。ずいぶんと物騒なお題目ですが、胃がんについて、発症原因から検査方法、胃がんが見つかった場合における病期別の治療方法などについてわかりやすくまとめてある情報が『胃がんで死なないためにできること : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)』という記事で紹介されています。



ピロリ菌に感染すると100%胃炎になり、10年以上経過すると胃酸を出す細胞が萎縮する萎縮性胃炎に移行し、ここから胃がんが発生する。萎縮性胃炎から胃がんになる頻度は0.2~0.5%と報告されている。

ただ、胃がんの中には胃壁の内部で広がっていくスキルス性胃がんというタイプがある。胃粘膜の表面の異常が明瞭に表れず、胃カメラでも見落とす場合があり、進行してからわかることが多い。遺伝も関係している。頻度は少ないが、若い女性がかかることもある。

「近親者にスキルス性胃がんの患者がいる場合は、 日本消化器内視鏡学会専門医 など多くの胃がん患者を診療している医師による検査が望ましいですね」

「がん情報」を扱う記事は最近、過剰な誇張表現を使ったりすることで問題になったりもしますが、胃がんを経験した私が読んだ限りでは比較的しっかりとした記事だと思いました。

胃がんのことを素早く理解したい人にとっては参考になるのでは?


名医が受けたいがん治療(2) 食道がん篇 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン

■理想の治療のための5つのポイント
(1)大量の飲酒・喫煙をする人や、コップ1杯の酒で顔が赤くなる人は、定期的に内視鏡検査を (2)粘膜にとどまる早期がんはESDで食道を温存。ただし外科のバックアップが必要
(3)胸腔鏡や腹腔鏡の手術は、症例数の多い定評ある病院で
(4)開胸、胸腔鏡にかかわらず、リンパ節を十分に取り切る精密な手術を
(5)食道温存には化学放射線療法の選択肢もあるが、リスクも理解して受けること


ダイエット中で発見遅れ…漫画家・内田春菊が“がん”に気づくまで | 女性自身[光文社女性週刊誌]


「肛門から数センチのところにがんができてしまったから、手術では肛門の周辺をまるで茶筒を抜くようなイメージで、ざっくり切除。その後、左右のお尻を強引につなぎ合わせたので、お尻の割れ目がなくなっちゃったんですよ」 

開口一番にそう語るのは、マンガ家の内田春菊さん(58)。大腸がんが原因で、人工肛門の生活になるまでの経緯をまとめた『がんまんが』(ぶんか社)が注目されている。同作品の表紙に描かれている女性の左脇腹にある、赤いおできのようなものが目を引く。

ダイエットを初めて半年以上たってから、大腸内視鏡検査をすることに。だが、検査を始めた瞬間、医師は内視鏡を抜き、デスクに向かって他病院への紹介状を書き始めてしまった。 

「医師は私の目を見ずに『大きな病院に行ってください』『一刻を争います』『大丈夫ですからね。治療すれば治ります』と。これだけのキーワードがでれば、がんだとわかりますよね」

 新書 



スポンサードリンク


がん患者:美容支援 頭髪や肌の荒れケア 都内に専門施設、来月オープン - 毎日新聞

がん治療による頭髪の悩みや肌、爪の荒れを専門にケアする美容施設「アピアランスサポートセンターTOKYO」が5月1日、東京都文京区にオープンする。仕事を持ちながら治療を受けるがん患者は30万人を超え、外見(アピアランス)のケアの需要が増している。開設するNPO法人「全国福祉理美容師養成協会」代表の赤木勝幸さん(50)は「美容の力で、患者が自分らしさを取り戻せるよう応援したい」と意気込む。


大腸がん:大腸がんのリスクを「確実」に高める生活習慣とは?:Goodayクイズ:日経Gooday(グッデイ)

【問題】がんと生活習慣には密接な関係があることが知られています。では、大腸がんのリスクを高める要因として、国立がん研究センターが唯一「確実」と評価している要因は何でしょうか?

(1)飲酒
(2)喫煙
(3)肥満
(4)運動
(5)感染症

関連記事


Share

スポンサードリンク