【乳がんの予防・検査】早期発見、マンモと超音波はどちらがいいの?

By




スポンサードリンク


【乳がんの予防・検査】早期発見、マンモと超音波はどちらがいいの?

がんの予防・検査と治療法 ①乳がん検診でマンモと超音波、どちらがいいの? | OurAge

現在、乳がん検診でエビデンスがあるのはマンモグラフィだけです。しかしながら、マンモではがんを見つけにくい乳房の人がいるのをご存じですか? 乳房内に乳腺組織がどれだけあるか、その割合を乳腺濃度といい、乳腺濃度が高い乳房をデンスブレスト(高濃度乳房)と呼びます。マンモではがんも乳腺組織も白く写るので、デンスブレストの人はがんが見つけにくく、見落とすケースがあります。乳腺濃度が高い人は低い人より、乳がんのリスクが高いというデータもあるので、自分の乳房がどうなのかを医師に確認し、高濃度なら超音波検査を合わせて受けると安心です。


乳がん患者が増加中!実は男性も乳がんになる!(柳田絵美衣) - 個人 - Yahoo!ニュース

■乳がんの現状
日本では乳がんに罹患する女性が急増しています。乳がん罹患女性は30歳代から増加し始め、40歳代後半から50歳代前半がピークとなります。罹患率の増加と同様、乳がんによる死亡率も年々増加傾向にあります。2017年のがん罹患数予測では、乳がんに罹患する女性は約9万人、死亡者数は1万4千人と予測されています。国立がん研究センターが2017年に公表した統計では、生涯で乳がんに罹患する確率は約9%、つまり11人に1人の割合となるといわれています。



スポンサードリンク


「乳がんをきっかけに始めたヨガでことりと眠れるように」――内澤旬子、乳がんを語る #1 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン


鋭い視点と歯に衣着せぬ文章で独自の世界観を生み出している、文筆家でイラストレーターの内澤旬子さん。長年腰痛やアトピーに悩まされ、「生まれてからずっと、自分が100パーセント元気で健康だと思えたためしがなかった」という内澤さんでしたが、38歳でステージⅠの乳がんに罹患したことをきっかけにヨガを始めました。それ以来、どんどん体調がよくなり、さらには仕事運も開けてきたといいます。内澤さんの身体におきた「奇妙で不思議な」闘病体験を、お聞きしました

≫『内澤旬子さんの作品ページ(アマゾン)』をみる

【内澤旬子さんのプロフィール】


  • 内澤旬子
  • うちざわ じゅんこ
  • 内澤 旬子は、日本のイラストルポライター、装丁家、製本家。 異文化、建築、書籍、屠畜などをテーマに、日本各地・世界各国を旅し、緻密な画力を生かしたイラスト・ルポルタージュを書く。 神奈川県出身。國學院大學文学部哲学科卒業。大学卒業後、編集者を志望したが出版社に合格せず、一般企業のOLになる。 ウィキペディア
  • 生年月日: 1967年3月16日 (51歳)


術前化学療法中の乳がん、大腸がん患者は運動することで疲労などの治療関連有害事象(TRAE)が減少する – がん情報サイト「オンコロ」

2018年2月16日より18日までアメリカ合衆国フロリダ州オーランドで開催されたThe Cancer Survivorship Symposiumのポスターセッションにて、術前化学療法中の乳がん、大腸がん患者に対する運動の疲労軽減、身体活動向上の効果を検証したPACT試験(Abstract 99)の結果がUniversity Medical Center Utrecht・Anne Maria May氏らにより公表された。

関連記事


Share

スポンサードリンク