沖縄県知事の翁長雄志さん、すい臓腫瘍を公表「腫瘍は2㎝程度」

By




スポンサードリンク


沖縄県知事の翁長雄志さん、すい臓腫瘍を公表「腫瘍は2㎝程度」

沖縄の翁長氏、膵臓腫瘍を公表 知事選対応は明かさず | 共同通信 ニュース | 沖縄タイムス+プラス

沖縄県の翁長雄志知事(67)は10日、浦添市内の病院で記者会見し、精密検査を受けた結果、膵臓に腫瘍が見つかったことを明らかにした。

腫瘍は2センチ程度で、良性か悪性かは判断がついていないが、根治できるとの認識を示した。


"2人に1人はがんになる"にダマされるな | ニコニコニュース

よく「2人に1人はがんにかかる」と言われる。だがこれは高齢者を含めた数字で、現役世代の罹患率は決して高くない。例えば40歳の男性が10年以内にがんにかかる確率は2%にすぎない。民間保険会社がすすめる「がん保険」は、本当に必要なのか――。

全国の厳選した保険ショップだけを探せるサイトはこちら



スポンサードリンク


腫瘍専門医、ベリー類がどのようにがんを予防するかを説明 - Sputnik 日本

抗酸化物質とポリフェノールが豊富に含まれ、消化器系にとって有益なベリー類は、余分な体重を落とす助けになることが知られている。今回、研究者らはさらに、ベリー類には抗がん特性があることも明らかにした。


がん検診の受診率にも影響する貧富の格差 (3ページ目):日経ビジネスオンライン


ある程度の規模の企業で働いている人にはピンとこないかもしれませんが、小規模の会社や自営業の場合、がん検診への強制力が弱い、もしくは全くないので、「がん検診など受けていない」という人が実はたくさんいるのです。

 これは本人の意識の問題というよりも、忙しくて仕事が休めない、仕事を休めば手取りが減る、がん検診を受ける精神的・肉体的な余裕がないなど、「社会的な要因」が深く関与していると考えられます。

 その結果、今の日本では、どんな現象が起きているのでしょうか。

 検診を毎年受けている人は健康に対する意識が自然と高くなり、食事や運動も気をつけるので、どんどんと病気になりにくくなります。一方で、健診を受けられない人は、生活が乱れがちでストレスも強く、がんのリスクが高い状況に陥ってしまいます。

 その上、検診を受けていないので、がんができても早期で見つけることは非常に困難になる。救命できないケースも多くなり、全体の死亡率を押し上げることになっています。

 日本では社会的な貧富の差が広がっていると言われていますが、それと連動して、健康格差も広がりつつあります。両極が打ち消しあって、がんなどの死亡率減少効果を鈍化させているのでしょう。

関連記事


Share

スポンサードリンク