【うつ病】マライアキャリー、"双極性障害"で長年の苦しみを告白

By




スポンサードリンク


グレイテスト・ヒッツ/マライア・キャリー[CD]

「信じたくなかった」マライア、depression(うつ病)・双極性障害に病んでいるを告白

米シンガーソングライターのマライア・キャリー(48)が、米ピープル誌のインタビューで衝撃的な『depression(うつ病)』の告白です。長年にわたり、躁うつ病と抑うつを繰り返す心の病気「双極性II型障害」を患ってきたことを初めて明かしました。

【マライア・キャリーのプロフィール】

  • マライア・キャリー
  • シンガーソングライター
  • マライア・キャリーは、アメリカ合衆国のシンガーソングライター、音楽プロデューサー、女優としても活躍している。音楽はブラックミュージックを基盤としている。
  • 子供: モロッカン・スコット・キャノン、 モンロー・キャノン
ウィキペディア

マライヤ・キャリーといえば、「恋人たちのクリスマス」をすぐ連想してしまいます(かなりのオジサン?)が、2001年には身体的疲労と神経衰弱を理由に緊急入院したことが注目を集めました。

どうやら、その頃から"孤独な苦しみ"と闘ってきたようです。



スポンサードリンク


冒頭のインタビューでは当時を振り返り、「信じたくなかった。最近まで否定し続けていたし、誰かに暴かれるかもしれないという恐れが常にあり、孤独だった。心理的負担があまりに重く、これ以上、隠し続けるのは無理だった」と悩みの内を告白しました。

双極性障害(そうきょくせいしょうがい、英: Bipolar disorder)は、躁(そう)状態(躁病エピソード)と鬱(うつ)状態(大うつ病エピソード)の病相(エピソード)を繰り返す精神疾患である。古い呼び名では 躁うつ病 ( そううつびょう 、 ( 躁鬱病)、あるいは他の名称として 双極性感情障害 ( そうきょくせいかんじょうしょうがい ) 、 双極症 ( そうきょくしょう ) とも言う。 ウィキペディア

当初はうつ病ではなく、"重度の不眠症"だと思い込んでいたそうです。

「働きづくめで、眠れない日々が続いていた。寂しくて、悲しくて、自分のキャリアのために必要なことをしていないという罪悪感さえあった」と、スタアならではの悩みと苦しみ、葛藤について語りました。

≫『マライア・キャリーの最新情報』をチェックする(アマゾン特設ページ)

関連記事


Share

スポンサードリンク