名医が受けたい「大腸がん」治療、5つのポイント

By




スポンサードリンク


名医が受けたい「大腸がん」治療、5つのポイント

(3ページ目)名医が受けたいがん治療(3) 大腸がん篇 | がんと共に生きる。 | 文春オンライン

■理想の治療のための5つのポイント
(1)肉食でお酒好きな人、家族が大腸がんになった人は、内視鏡検査を
(2)粘膜がんは内視鏡治療(ESD)が可能。ただし結腸がんは腹腔鏡下手術の選択も考慮に
(3)腹腔鏡下手術は技術格差があるので、とくに進行がんや直腸がんは経験豊富な施設で
(4)直腸がんは肛門温存にこだわりすぎず、再発のリスクがないことを第一に選択を
(5)進行・再発がんもあきらめず抗がん剤を。肝転移も切除できれば治癒の可能性あり


“吉本の美容番長”シルクさん明かす「母娘3姉妹がん闘病」 | 女性自身[光文社女性週刊誌]

「'14年8月、病院で母がピロリ菌の検査を受けたところ、担当医から『お母さんはピロリ菌どころか胃がんになっています』と、突然告知されました。それもステージ4。『このままだと、あと3カ月で胃のすべてががんに侵され、腸閉塞になる』と……。それをイタリアにいたときに聞いた私は、頭の中が真っ白になりましたね」

 

当時の心境をこう振り返るのは “吉本の美容番長”こと、シルクさん。

 

このたび累計40万部を突破した人気シリーズの4作目となる新著『シルクのべっぴん塾 筋膜ゆるトレ』(ヨシモトブックス)を出版した彼女。その本のあとがきで、母・粕谷富美子さん(85)が胃がんで余命6カ月の宣告を受けたことを初めて明かしたのだ。



スポンサードリンク


がん先端療法の衝撃  :日本経済新聞

「あなたのがんは治ります。お代は5000万円です」こんな時代が現実味を帯びてきた。免疫細胞療法である。

 免疫とは、生物に備わっている防衛システムのことであり、いわば体内を巡回している防衛隊である。我々が生活しているこの世界は菌やウイルス等の外敵に満ちており、免疫がなければ、ヒトなど彼らの餌食でしかない。

 加えて、免疫は内なる敵との戦いにも明け暮れている。がん細胞である。正常な細胞が暴走した状態ががん細胞なのだが、がん細胞は1日に数千個も誕生していると言われている。昼夜を問わず、免疫がこれらを摘発しているおかげで、我々は辛うじて明日を迎えているのである。


ウィルコ・ジョンソン、がん告知からの5年間を歌ったニュー・アルバム | BARKS

ウィルコ・ジョンソンのニュー・アルバム『Blow Your Mind(ブロウ・ユア・マインド)』が、6月15日(金)にチェス・レコーズ/ユニバーサルミュージックより発売されることが明らかになった。同作は1988年の『Barbed Wire Blues』以来およそ30年ぶりに、オリジナルの新曲で構成されたアルバムになるという。

制作には長年にわたって彼のバックを務めてきたノーマン・ワット・ロイ(B)とディラン・ハウ(Dr)が参加し、プロデュースはロジャー・ダルトリーとの連名で発表された2014年作『Going Back Home』に続いてデイヴ・エリンガが担当。2012年末に末期の膵臓がんと診断され、2014年に克服を発表したウィルコが、この5年間に経験した試練の日々をテーマに作り上げたという12曲が収録される。

【ウィルコ・ジョンソンのプロフィール】


  • ウィルコ・ジョンソン
  • ギタリスト
  • ウィルコ・ジョンソンは、イングランドのギタリスト、ソングライター、ボーカリスト。ドクター・フィールグッドのオリジナル・メンバーとして活動後、ウィルコ・ジョンソン・バンドを結成し活動。エセックス州、キャンベイ・アイランド出身。 ウィキペディア
  • 生年月日: 1947年7月12日 (年齢 70歳)
  • 生まれ: イギリス キャンベイ・アイランド
  • TV/映画: ゲーム・オブ・スローンズ、 ドクター・フィールグッド -オイル・シティ・コンフィデンシャル-

関連記事


Share

スポンサードリンク