胃がん 術後6年目、定期検査

By




スポンサードリンク


胃がん 術後の経過観察も6年目、定期検査の日

先日で、胃がんの術後6年が経過した。

あわせて、3ヶ月おきの経過観察も今日で6年目。運命の定期検査の日だ。あいにくの雨風の朝。昨夜から食事抜きの身にとっては、目まいでつらい移動時間だった。

検査スケジュール

これが今回の検査スケジュール。

①血液検査②メチクールという、筋肉に刺すビタミン注射③造影剤を使ったCT検査④主治医の診察となっていた。

今回は、がんセンターから大学病院に転院して初の造影剤。場所が違えば少しは不安になる。それとやっぱり、がんの再発がないかどうかは毎回ドキドキして気が気でなくなる。

血液検査は採血4本

まずは血液検査。おそらく、胃がんになってから100回近くやってるのでは?と思えるほど採血してきたが、未だに注射は大嫌いだ。

今日も思いっきり力を入れて身構えたが、今回はまったく痛みを感じなかった(汗)

しかし、採血はやっぱり苦手だ。

CT検査、造影剤で激痛と痺れ

血液検査の次の予定に向かう。次は「注射」と書いてあるから、メチクールだ。しかし窓口に行くと、一番最後に行なうのでCT検査に進むように言われた。

CT画像の検査室に入ると、すぐ横になれと言う。そしてすぐにCT検査が始まった。

あれ?造影剤の注射を刺してないけど!?忘れてるのだろうか。

一度CT検査が終わったところで看護師さんが現れた。これから、横になったまま注射針を刺し、造影剤を入れていくらしい。

病院が違うと、造影剤の扱い方も異なるようだ。

視界に入らない所であの太い針を刺された瞬間、もの凄い激痛が走った!同時に、ビリビリと手先が痺れていく!

「ごめんなさい。痛いですよね!」やり直しか?と思ったが、腕の向きを変えたりしたらいくぶん痛みが和らいだので、このまま続行された。

苦しみながら、何とか無事に終わった。



スポンサードリンク


主治医の診察、運命の検査結果

やっと、診察室へ。今日はずいぶんとスムーズにいってるなぁ、と思ったが、なかなか自分の番が呼ばれない。いつもアレコレ聞こうと考えるのだが、待ち時間が長いとボケーッとしてきて覚えてたことが頭から飛んでしまう。

待合室に患者さんが一人現れては先を越され、というのが延々と続く。自分の検査結果が出てないためかと思うが、他の患者さん達も「胃がん」のはず。診察のみで検査はしてないのだろうか?

1時間ちょっとしたところで自分の順番がやってきた。主治医にお会いするのは3ヶ月振りだ。

まずは、持参した「差し入れ」を手渡す。術後から欠かしたことのない恒例の儀式となった。そしてまず、私の順番を抜いていった患者さんのことを聞いてみた。

どうやら、私の一つ前の人は、胃がんの初期でステージⅠbの患者さんらしい。

検査をしてない訳ではなく、胃も一部残っているとのこと。ステージⅠbの場合5年生存率は95%だが、5%の危険性がある以上、定期的に胃カメラ検査が必要とのこと。それはそれで大変だ…。

そこから話しは造影剤の話題にうつる。注射針を刺すスペースが別に設けられたがんセンターと違い、こちらでは寝ながら見えない所で注射を刺す。コワイし超絶な痛さだったと話したら、そのような話題は他でも持ち上がってると言われた。

さらに話題は主治医の日常のことへと移り、大学病院では生徒の授業もあるし、土曜も手術があったりして自由な日は1日しかなく、かなり大変だと言っていた。

雑談の合間にCT画像を見てもらっている。何とか大丈夫そうだ…。そこから、厚労省の話題やがんセンターのこと、自分の裁判のことへと話しは続き、なぜかメールアドレスの交換までした(汗)

聞こうと思っていたことが完全に頭から飛んでしまい、雑談が終わるとそのまま診察室をあとに。

しまった!採血の結果も聞いてないし、肝心な、自分の体に残っている癌がどうなってるのかも聞きそびれてしまった…

メチクール

最後は、半年ごとのメチクール。

痛みはほとんど感じなかった。

これで、術後6年目の定期検査は無事終了。結果は詳しく聞いてないけど、きっと大丈夫なのだろう(汗)

やっと久しぶりの食事。

あいかわらず出先ではこんな調子だが、クッキーを余分に食べてみたら、グッと前期ダンピングが起きてしまった(汗)

この後、もうひと用事で東京駅まで行かなきゃならんのに。貧血でもうフラフラ(汗)

関連記事