元V川崎・藤川孝幸さん、胃がんで「末期のステージ4以上」と告白

By




スポンサードリンク


元V川崎・藤川孝幸さん、胃がんで「末期のステージ4以上」と告白

元V川崎の藤川孝幸さんが末期の胃がん、「ステージ4以上」と告白

現在は社会人クラブチーム「北海道十勝スカイアース」の代表取締役社長を務める、元V川崎(現東京V)GK・藤川孝幸(55)さんが18日、末期胃がんのステージ4であることを告白。

帯広市内で行われた「新体制発表会見」に出席した際に明らかにされました。

昨年12月に背中への激痛を覚え、都内の病院で診察したところ、余命3か月から半年の胃がんと宣告されたとのこと。

【藤川孝幸さんのプロフィール】


  • 藤川孝幸
  • ふじかわ たかゆき
  • サッカー選手
  • 藤川 孝幸は、神奈川県出身の元サッカー選手、サッカー指導者 を経て、子供向けスポーツクラブで、国内ナンバー1の会員数を有するリーフラス株式会社の常務取締役に就任。北海道サッカーリーグ・十勝FC代表も務める。 ウィキペディア
  • 生年月日: 1962年10月10日 (年齢 55歳)
  • 生まれ: 神奈川県
  • 身長: 184 cm
  • 体重: 86 kg
  • ポジション: ゴールキーパー



スポンサードリンク


藤川さんは、診察した医師から「来年の桜は見られない」と告げられ、病状がステージ4以上の末期胃がんだったことを打ち明けました。

胃がん発覚後すぐに抗がん剤治療を開始。現在は、半分までがん細胞が縮小している状況のようです。

同クラブの将来的な「Jリーグ参入」を目指している藤川さん。

「ずっとサッカーをやってきたので、日本スポーツ界に貢献して、何か形を残したい。」

関連記事


Share

スポンサードリンク